アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 138人

すべてはFREEに向かう(助走編)

2010年03月18日

 この一連のシリーズは二つのブログ(「岡田斗司夫のゼネラルプロダクツ」「レコーディングダイエット2.0のススメ」)の交互で進行しています。
 最初から読む場合は、この日記からスタートしてください。


 おとついのブログ、いきなりで悪かった。ゴメン。
 でも、あれが現状だ。駆け足で書いたけど、あれが今の僕の日常だ。
 なぜブログを読んでいる人に関係なく思える話を書いたのか?
 いや、それが関係してくるんだよ。
 まぁ聞いてください。

 「ひとり夜話」を今後、どうするか?
 地方や収入の格差をどう埋めるか?
 すべてはここからはじまった。

 で、ブログを読んでくれている人にお願いして、とんでもない分量の「あなたのことが知りたいメール」を送ってもらってそれを読んで返事したのが直接のきっかけ。
 
 おとついのブログで書いたオタキングexにしても、社内SNS「バベルの塔」にしても、すべては「ひとり夜話」と「あなたのことが知りたいメール」についての解決案なんだ。
 
 これ、2月の東京イベントで語ったんだけど、概略だけで1時間もかかった。
 その補足で「会社説明会」というのを開いたけど、ここでもさらに追加で30分以上(笑)
 まぁ長いのはしかたない。お互いに我慢するとしましょう。
 今日からここに長~い連続ものとして書くことにするよ。同時にtwitterで質問や追加説明もしてみるよ。
 とりあえずイントロというか助走だね。まずは書きやすい分から書かせて貰うね。
 
 「ひとり夜話」というのはGyaOジョッキーというネットテレビで去年の夏までやっていた僕の番組だ。月イチで「ひとりで1時間しゃべる」という構成、楽しかったし評判も良かった。
 当時はMacで見れないとか問題もあったけど、もしこの番組がずっと存続していたら、僕も他のことは考えなかったと思う。
 しかし、GyaOは会社ごとYahoo!に吸収合併。番組どころか放送局自体がなくなってしまった。
 
 しかたなく、僕は手作りのイベントとして「ひとり夜話」をはじめた。東京と大阪で、毎回3時間ぶっつづけで一人でしゃべりまくるイベント。これを昨年9月からこの3月までずっと毎月続けた。
 面白くて、これまた幸いにも評判もいいんだけど、やっぱり問題がある。
 
 地方の人は参加しにくい。
 お金がかかる。
 
 もちろんライブなりの良さはある。直接会場で話を聞くのは全然違う!と言ってくれる人も多い。
 でも、もともとGyaOジョッキー時代は「タダで自宅でいつでも」楽しめたわけだ。
 参加費も移動の経費も手間も、スケジュール調整も必要というのは、やっぱり「見たい人」に負担がかかっちゃう。
 
 では一部の人が言うように、youtubeその他で配信すればいいのか?
 これにも問題がある。なにより目の前に観客が入ってないと、僕がすごくやりにくい。GyaOにしても、目の前のスタッフへのウケを考えるからできたんだ。
 プロの落語家でも、観客のいない場で録音・録画してそれを販売、ってあんまりないでしょ?
 会場で録画収録して、その映像を配信?
 もちろんそれも考えたよ。でもなにも考えずにそんなことしたら、今度は直接会場に来てくれるお客さんのメリットがなくなっちゃう。数時間のトークを配信する方法も問題だ。
 では編集版を作ってそれだけを配信公開する?いや、編集すると素材制作に膨大な手間がかかる。映像編集なんか慣れてない僕がやったら、仕事ができなくなって飢え死にしちゃう。でも外部に出せば経費がかかって赤字になる。
 ボランティアにまかせる?それも考えた。でもボランティアの人が善意であってもデータを流出させる可能性もある。ボランティアと言うことは仕事じゃないからスケジュールのお願いもしにくい。最悪、データだけ渡したけどそれっきり音信不通というのもありうる。
 ありうる、じゃないね。僕はハタチ前からあらゆるボランティア組織に出入りしていた。だからそういう組織や人間の「頼りなさ」はいちおう人並み以上に知ってると思う。
 
 ・・・ということを、僕がグダグダ悩んでいるうちにも「ひとり夜話」イベントはどんどん回を重ねていった。気がつくと3月でもう7回だ。3時間×7回で合計21時間以上しゃべってることになる。
 このまま続けてればいいんじゃないかな?
 正直、そう考えたこともある。
 なんだかんだ言っても評判もいいし、チケットも毎回売り切れている。
 これ以上考えなくてもいいんじゃない?
 
 でも、やっぱり気になっちゃうんだよね。
 東京や大阪に来れない人とか、お金や時間の都合がつかない人とか。
 だってもったいないじゃない?
 ここに「話したい人」がいて(笑)、ネットの向こうには「聞きたい」と言ってくれる人がいるんだから。
 
 さて、どうしたもんだろうねぇ?
 と、悩んでいてもしかたない。まずは「聞きたい」と言ってくれている人の意見を聞かなきゃ。いや、意見じゃダメだ。もっとその根本、「僕の話に興味持ってくれている人は、いったいどういう人なのか?」。
 データやマーケティングじゃない。
 もっと個別の、一人ひとりの話をちゃんと聞かせてもらう。
 そこからスタートしないと、ぜんぶ上滑りの解決案、折衷案になってしまう。
 
 そこではじめたのが「あなたのことが知りたいメール」、別名「岡田斗司夫とメル友になりませんか」大作戦だったんだ。
 これが結果的に、僕にものすごい衝撃を与えた。
 大げさではなく、人生を変えるキッカケになったんだ。
 
 ふう、まだまだ続くよ。
 でも今日はここまで。
 明日はこの続きを「レコーディング・ダイエット2.0のススメ」で話すね。
 



Posted by 岡田斗司夫 at 10:40

この記事へのコメント

キターーー!!
詳細説明ktkr
メル友大作戦に参加したおいらとしては、ここで黙ってるわけにはいかないぞいwww
みんな!今日の22時にツイッターで会おうぜ!
Posted by 三毛猫少年 at 2010年03月18日 15:43
体調のせいでツイッターに参加できそうにないので、ここに感想を書かせてください。

メールにしっかり目を通してくれたのが、とても嬉しいです。
GyaOの「ひとり夜話」は見れるものは全て見ました。
今後の活動も期待しています。
Posted by タッキー2世 at 2010年03月18日 18:33
一昨日のブログは、まるでモーゼの石版を読んでいるような気がしておりましたが、今日のブログでは紅海が、ほんのり...口が開いてきそうな予感がしております。
岡田の十戒は、我々を何処に導いてくれるのでしょうか?...お金と時間と都合はなくとも、約束の地があるように思えてならなくなりました(地方出身者としては(笑))
Posted by ビショップ僧侶 at 2010年03月18日 22:29
オススメ本のアフリエイト張り付けて欲しいです。
まぁ、その内、キングの本はタダで読めるようになるにしても、近未来は兎に角として、今すぐ簡単にできることもありかな。
1..即効アナログで読みが好きな人っているでしょう・トイレとか、電車の中とかで読みたい人。オカトシのファンは、あなたの面白がってる本をのぞきたがっている。
2どうせ買うなら、ここのアフリエイトから買えば、少しは小銭がたまって、オタキングexに貢献できないかな。
3.特に遠隔地の人なんか、近所の本屋では時間がかかって手に入りにくいから、ウント便利じゃないかな。
..ここで言うのもなんなんだけど、ホリエモンのブログなんて本屋みたいだ。
ツイッター効果の爆発力は、それはそれで別口だと思うのだけど..。
Posted by otama at 2010年03月20日 03:27