アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 138人

リハビリ

2008年10月01日

 日記のコメントやメールで助言いただいたので、パソコンのモニターにフィルタをつけてみました。いや、たしかにこれは目が楽です。
 というわけで、日記のリハビリ。身辺雑記です。

 今日、吉祥寺の伊勢丹地下で遅い目のランチ食べました。こないだ開店したばっかりの和カフェみたいなところ。京都風をウリにしてるお店で、「京のぶぶ漬けセット」というのが美味しそうだから注文しました。
 炊きたてのご飯の上にちりめん山椒がたっぷりのっかって、小鉢もあって、もちろん京風のお漬け物もたっぷり。あれ?でも肝心のお茶がありません。
 しばらくして出てきたお茶は、かなり濃いめの緑茶。しかも湯飲みに一杯です。
 いやいや、「ぶぶ漬け」というのはお茶漬けのことだから、こういうお茶は違うだろうし、分量も少ないんじゃないの?
 店員さんに聞いてみると、「『ぶぶ漬け』というのは京都ではお漬け物のことだから、これでいいんです」と言われました。
 いやいや、ぶぶ漬けって言うのはお茶漬けのことでしょ?

 僕は大阪人なので京都の風習には疎いけど、あきらかに関東人の店員さんにそう説明されても、にわかには納得しがたく、けっきょく店長さんにまで尋ねてみたけど説明は同じ。

 なんとなく納得できないまま、濃いめの緑茶でお茶漬けする気にもならず、それでもお漬け物で美味しくご飯をいただいてきました。
 う~ん、「ぶぶ漬け」がお茶漬けを意味する、というのは米朝師匠の落語だけでしか通用しないニセ京都知識だったんでしょうか?


Posted by 岡田斗司夫 at 12:10

この記事へのコメント

僕は父親が滋賀、母親が広島と言うエセ京都人ですが
どこをどう考えてもぶぶ漬け=お茶漬けだと思われます

そもそも「京都風」なんて事を標榜しているその店が怪しいですね(^^;)
逆にホンマに京都にある普通の和食の店は
お茶漬けの事を「ぶぶ漬け」なんて言わないんじゃないのかしら?

ぶぶ漬け=お茶漬けの答えにならない逆説になってしまいましたが(*^-^*)
Posted by 大魔王大魔王 at 2008年10月23日 03:26
京都では糠漬けを「どぼ漬け」といいますが
(「おどぼ」とかも言います)
「ぶぶ漬け」と「どぼ漬け」を混同してるんじゃ
ないでしょうか?
Posted by chk at 2008年11月13日 22:00