アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 138人

アスキーこぼれ話

2010年02月16日

 毎週火曜は週刊アスキーの発売日。
 なので火曜のブログは僕が連載中の「ま、金ならあるし」に書けなかったことの補足情報だ。

 今週連載分は「母親vs税務署」の第2回。
 この原稿を書いてると、どんどん気持ちが子供の頃に戻ってくる。

 刺繍工房をやっていた時代、僕の家はいつもビニールや機械油の匂いでいっぱいだったなぁ、とか。
 工房と言っても、長屋の一軒家を改造しただけ。二階建ての一階に無理やりジャガード20連自動ミシンという西ドイツ製の機械を3台も無理やり詰め込んでいた。
 名前の通り、20台のミシンがシンクロして動き出す機械で、その騒音たるやすさまじい。
 制御はパンチカード、それも幅3インチ、長さは100フィートぐらいの硬版テープにぎっしりパンチ孔が穿たれている超精密プログラムテープだった。考えてみれば、あれはもうアナログ式の電算機といってもいいんだよなぁ。

 連載ではあまり触れなかったけど、僕の母親は実は小学校も卒業していない。
 4年生に上がる前に「奉公」に出されたのだ。
 昭和ヒトケタ生まれということを差し引いても、当時の子供たちはみんな小学校ぐらいには行かせてもらえていたはずだ。母の兄弟、兄や弟はちゃんと学校には行かせてもらえていた。
 なのに兄弟の真ん中の娘だけ、小学校に行かせずに住み込みでお手伝い、というよりはっきり言えば「女中」「下女」として知らない家に奉公に行かされた。

 いま考えると、とんでもない男女差別だよね。
 男の子には学校に行かせて、女の子は教育なんかいらない、と10才になる前に見知らぬ他人の家で働かせるなんて。
 母はその奉公先ですごく苦労した。
 負けず嫌いの母が、泣かない日はなかった、というぐらい。
 
 だからこそ、連載で書いている「自分の事業」をはじめたときの母は、本当に生き生きとしてたんだよ。
 そんな母がついに出会った生涯の天敵(笑)、税務署とのやりとりを今回の連載では書いていこうと思う。
 ああ、早くクライマックスが書きたいなぁ。
 途中からDAICON時代の話になって、オープニングアニメ制作中に両親と庵野君のやりとりとかも入ってくるので、そのあたりも書きたい!

 今日はここまで。
 じゃ、明日は「レコーディング・ダイエット2.0のススメ」でね。




Posted by 岡田斗司夫 at 10:14

この記事へのコメント

岡田さんのお母さんVS庵野監督wwwwww
やべえええええ
黄金カードwwwww
Posted by スロ at 2010年02月16日 10:25
こんにちは。確定申告がはじまりましたね。

大学~大学院時代に確定申告相談会場でアルバイトを9年間続けたことがありました。(春だけの短期です)
いろんな光景をみました。
納税は義務と言って、点滴を持参する老人、数箇所からの所得を受けながら、申告したら税金が高くなるなら、相談にくるんじゃなかった!と暴言を吐く主婦。(気持ちはわかるけど)
アルバイトを税務署職員と思ってどなりちらす自営業者、名札を奪い取られる税務署職員、傘でつつかれる国税局員、ナイナイの岡村隆史、申告に来たおばちゃんにタクシー代を請求される私・・・・。(あまりのショックに立ち尽くしていたら、職員さんに連れられてどこかにいってしまわれた)
現地の職員さんは毎回やつれてました。
毎朝、アルバイトに出かける私にママが、」しっかり働いて、税金取り返してらっしゃい」と送りだしていたことを思い出します。
日本の税金が高い。。。それが経験から得られた答えです。
Posted by ちびうさまきこ at 2010年02月16日 10:54
幼少時代、一緒に暮らしていた、今は亡き、祖母を思い出しました。親が病気がちで、小学校にも行けず、どこに行くのも幼い祖母が背負って出かけていたそうです。無学で漢字もわからず、70過ぎから、孫の教科書で手習いして届いた手紙を読んで母は泣いていました。その癖、ボーリングを習うと200のスコアを出して一緒に行ってた僕の下手さが恥ずかしかったりもして…。肺がんに掛かって、延命処置の入院もせず、自宅を売って小さなマンションで暮らしていた最期の一年間は、本当にかわいそうでした。
祖母の形見のお金で、結婚式を挙げた僕にとっては、生涯頭の上がらない存在です。
無学なのに本当にかしこい人でした。
Posted by 歩駒 at 2010年02月16日 18:38
刺繍工房の絵が見えますっ!見えますっ!今ならスチーム・パンクと言われるでしょうが、昔の俗に言う『工場』(コウバ)ってのは、やはり匂いですねぇ...
Posted by ビショップ僧侶 at 2010年02月16日 20:25