アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 138人

ひとり夜話内容予告&来月の日程

2010年02月10日

 内容の詳細が決まってきたので告知します。

 「岡田斗司夫の ひとり夜話 6」

1時間目:みんなの聞きたいことに答えましょう
 今回はイベント前にアンケート用紙を配り、そこに質問を書いてもらって舞台で読み上げる、という形式。挙手して質問、というのはライブならではの「その場で考えて答える」というのが面白いんだけどね。
 記入式の質疑応答は、逆にハズレがないから時間制限のあるイベントには向いてるかな?
 
2時間目:アルファブロガーが教えてくれた究極のモテ術!
 このコーナーは「小ネタ集」。こないだ小飼弾さんと対談した時に盛り上がった「どうすればオタク男子はモテるのか?」に、ある意味完璧な答えが出せたと思うので、その報告ね。
 その他、「望まれる天下一武道会とは?」「アドバンスド・ノート術 キャラを起てる」「事実と真実、夢と目標」などを予定。

3時間目:マイケル・ジャクソンの孤独
 話題の「THIS IS IT!」を映画館で見たんだけどね、マイケルって孤独だよね。いろんなサイトや評論を見たけど、このあたりを書いたり語ったりしてるところ、見たことがない。なので、ちょっと語ってみようと思います。

●イベント参加者には全員、毎回違う限定版コレクションステッカー」をプレゼントします。

〔大阪〕
タイトル 「岡田斗司夫の ひとり夜話 6」
出演   岡田斗司夫
日時   2010年2月13日(土) 17:30開場 18:00開演
※これまでより1時間早くスタートいたします。お間違えなく。
会場   studio ZAZA boxⅠ 06-6212-3005       
      〔〒542-0071大阪市中央区道頓堀1-7-21 中座くいだおれビル4F〕    
料金   前売2000円 当日2500円 自由席 
発売日  チケットぴあ  Pコード 616-736
問合せ  ワイ・シー・トイズ・ラボ 06-6643-7620

〔東京〕
タイトル 「岡田斗司夫の ひとり夜話 6」
出演   岡田斗司夫
日時   2010年2月19日(金) 18:00会場 19:00開演
場所   ロフトプラスワン 03-3205-6864
      〔〒160-0021東京都新宿区歌舞伎町1-14-7林ビルB2〕
料金    チャージ¥2000(+飲食代)
発売日  ローソンチケット  Lコード 34494
問合せ  ロフトプラスワン 03-3205-6864

 あと、3月の公演は
 東京 3月14日(日)
 大阪 3月20日(土)
 です。時間と内容は未定。



Posted by 岡田斗司夫 at 14:47

この記事へのコメント

リアルとリアリティーの関係と
仮想世界と非現実世界の関係は
似ていると思うのですがどう思いますか?
Posted by まちこ at 2010年02月11日 23:37
トップをねらえ!が全話Youtubeで無料配信されてる。みんなで見ましょう。
Posted by nao at 2010年02月12日 04:01
>全話Youtubeで無料配信

正確には、パチンコ屋さんが期間限定で無料配信している。画質もまあまあ。

http://okaerinasai.jp/

なんか、庵野さんの名前だけデカデカと出るのは、気に掛かるが....サイトのコンテンツもそれなりに良い。
Posted by ユキカゼ艦長 at 2010年02月12日 18:53
以前のひとり夜話のWEB2.0の実現例(パロディ)である「岡田2.0」を読んでいて思ったのですが、

なんかこれは、現実に起きている事と違うのでは、無いかと?

ヤマトに始まり、トップをねらえ!で明確になったのは、オタク・ブラック・ホールの縮退連鎖だった。

誰かが、面白い物を見つけると、まるで公園で自由に遊ぶ子供の様にこの指に集まれという感覚で、
才能が吸い込まれていった。

そして、ランドマーク(場所)として秋葉原、WEB上では「ニコニコ動画」に、
”萌え”と言う形で集まり始めた。

そして、”人”としては、岡田さんだと思っていました。

実際、オープンアーキテクチャー本質は、
20年前に大学生だったリーナス君が、Linixと言う自分の名前のOSをインターネットに公開し、
いまや、Windowsに肩を並べる事になった(このインターネットを支えている)のが、本流と思います。
まあ、岡田さんの言う世界征服を大学生のリーナス君は、10年で達成。

リーナス君が凄かったのは、OSと言う分かりにくいソフトを、物語の様に分かりやすく記述し公開して、
信者はそれを改善して投稿した。そして、リーナス君は、それを、巧みに取り入れて言った。

なんか、ガイナックスの作品に通じる物が、あるんですが。

そのときとても有効だったのが、GPLの概念。
ぶっちけ、ビックサイトの同人誌と同じ概念で、

Linuxをどんなに2次創作して商売してもOKだけれど、
誰かが貴方の作品を3次創作しても許すこと。

そう、自由洗脳社会とペアで、「自由パクリまくり社会」が有るんです。

今、ニコニコ動画や、youtubeで問題になっている著作権の問題を、
コンピューターはシステムは、10年前に解決していて、
いま、大抵のコンユータ・ソフトは、丁度、MADアニメの様に、適当に編集されてます。

まあ、この辺は、ちゃんと書くと、本1冊コースだけれど.....話は、オープン・ソサエティまで行くから....

少なくとも、岡田2.0 賛同者のプロガーは、
自分のプログが、何処までパクられて、改編されてOKか?自覚しているだろうか?。
Posted by ユキカゼ艦長 at 2010年02月13日 02:40
もう少し続けさせて頂きます。

岡田2.0 の オープン アーキテクチャーに
凄く違和感を持つのは、
この2本の動画をみたから、

http://www.nicovideo.jp/watch/sm1531151

http://www.nicovideo.jp/watch/sm1323730

真面目に、アマチュア作品としては、”ダイコンフイルム”以来の感動。
と言うか、アマチュアしか成しえない作品だし、
ダイコンフイルムの一つの進化系だし、
作品の持つプロパガンダの侵食性は、新種にウイルスの様。
まあ、こんな作品が、
あと100本 アジアでなくなれば、
本当に戦後が終わる。

元来、ガイナックス系の作品は、持っていたセンスは、

・パクリ?スレスレのパロディ。
・愛国戦隊で見せた、面白ければ、国家、宗教、思想を超越してしまうエネルギー。
(本当、マジに怒った人がいたら、岡田さんは、命を狙われたかも、でも岡田さんは作品の悪魔的魅力に負けた)
(実際、外人さんも作品の意味をちゃんと理解して、フランス5を作った分けだから、真の国際友好作品です。
 キムタクではなく、あの作品を理解してくれる人たちと戦争を起こしますか?)

なんか、最近の岡田さんのコメントは、業界の保守的な部分を、代弁しすぎで、萎えるんです。
(アニメ夜話で大変だったのは、分かるんですが)

個人が同人誌を本格的に書き始めた、晴海のコミケから30年です。
同時進行で、たくさんの2次創作ができましたが、問題になったのは、レアケース。
(多分、多くの出版社が英断して大目に見た)

今、youtubeとか、色々できて、冗談抜きで、北朝鮮!?に動画サーバが置かれそうです。
しかも、インターネットの性能は、パンパン上がっているしね。

DVDレコーダーが、10年分の番組全てを録画して、検索可能にするのも、時間の問題!

既に、実質的に著作権が壊れてしまっていて、
(例えば、モロなエッチ画像がNGと言う法律あるけれど、今、実質意味ないですね)

ニコニコ動画で始まった、「自由パクリまくり社会」が、
拡散と縮退連鎖を始めて、世界を飲み込み始めたと思うですが?


問題提起すると、

こんな時代に、実質的な著作権は、どうあるべきなんでしょう!。

この辺が、オープン・アーキテクチャーの本質と思います。
Posted by ユキカゼ艦長 at 2010年02月14日 04:08
遠方から来られている方も
結構多いみたいですね

開演時間をさらに早めて
終了時間を早めてみては、
Posted by 旅行者 at 2010年02月16日 14:09