アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 138人

実写ヤマトファンクラブ「ワンフェスでガミラス本星を見た!」

2010年02月18日

 ワンダーフェスティバル、通称ワンフェスというのは年に二度開催される「造形の祭典」だ。
 美少女フィギュアやモンスターだけじゃなく、戦車や飛行機などのミリタリーもの、ちょっとアートっぽいオリジナル作品を発表したり販売したりできる。
 日本中、いや世界中から模型やフィギュア作りに興味のあるマニアや目利きが訪れて、幕張メッセの会場いっぱいに展示・即売される新作に群がる。現代アーティスト村上隆も毎年チェックにあらわれる、それどころか自分も新作発表の場にしたりする、そんなとんでもない場所なのだ。

 思うんだけどね、ワールドビジネスサテライトはせめてコミケとワンフェスぐらい毎回取材して「今の流れ」を解説すべきだよね。
 それをしない理由はただ一つ、「切り口がわからない」からなんだろうなぁ。
 単にレポーター送り込んでも「すごい熱気ですね」「え?このフィギュアが○万円?」「開幕15分で完売したそうです」などの、ありきたりな切り口でしか紹介できない。それではビジネストレンドを追うことにはならないしね。
 このあたりの「切り口」開発にこそ、手間と知恵を注いで欲しいものであります。いつまでも「マニアがお宝に殺到」「え?これが○万円?」だったら、ネットジャーナリズムに置いて行かれちゃうよ。

 さて、今回のワンフェスにも、我が宇宙戦艦ヤマトのアイテムはあった。
 1メートルぐらいある新造戦艦アンドロメダとか、カッコいいものもあったけど、そういうのはマジメなワンフェス紹介ページで見てください。

 僕が注目したのはこれ!

 「ガミラス本星」そのもののフィギュア化だ。
 しかも売り切れ!
 いや~残念。欲しかったなぁ。
 「再販」とあるから次回のコミケでも出るだろう。絶対に買いに行こうっと。

 これはよく見るけど、そろそろ欲しくなってきた。
 でも売り切れ。
 僕が見たのは開幕からまだ1時間ぐらいのタイミングだったはず。
 なのに売り切れと言うことは、今年はヤマト来てるってことだよね。
 よ~し、盛り上がってきたぞ!

 あと、ヤマトと関係ないけど同じディーラーがこんなの出していた。
 「賭博黙示録 カイジ」の名シーンをフィギュア化。
 その名も「利根川焼き土下座」!
 ちゃんと香炉になっているので、中でお香が焚けるんだけど、煙の上では利根川が・・・という作品だ。
 これが売り切れというのもすごいよね。でも売り切れでなかったら僕も買ってるよな(笑)

 とまぁ、僕が見て回ってるのはこういうディーラーばっかりだ。
 美少女フィギュアは見もせずにスルー。怪獣はチラ見だけ。特撮メカもメジャー系はスルー。
 可愛い系や小物も興味なし。

 主催者・海洋堂の控え室で話してたんだけどね。可愛い系やワンアイデアものやってるところって、よく見ると技術的に低いのが多いんだ。
 たとえば一時期、2ちゃんねるの「モナー」フィギュアがワンフェスに氾濫したことがあった。模型ジャーナリストあさのまさひこ氏によると「モナー造形やってるディーラーはみんなヘタ」だそうだ。
 一度はワンフェスに造形参加したい。でもヘタクソだ。そうだ、モナーならできるし、ウケるに違いない。
 そういうディーラーばっかり手を出すから、結果的に「下手くそなモナー」ばっかり氾濫することになってしまった。
 あさの氏は「技術のあるちゃんとした奴がモナー作ったら、いいモナーができるはずなんです!」と力説していたけど、いや僕はどっちでもいいです(笑)

 
 でね、その後で考えちゃった。
 以前は「モナー」がヘタクソ造形家たちのトレンドだった。
 じゃあ、今のヘタクソトレンドってなんだろう?
 そう思って探したら、今年のヘタクソ造形トレンドは、文句なしに「目玉オヤジ」だったよ。
 ちょっと造形ができる。せっかくだからワンフェスに出展したい。ヘタクソだけど受けたい。売れたい。
 こういうディーラーは今年はみんな目玉オヤジ作っていた。

 もちろん、すっごく上手い造形の目玉オヤジはあるんだよ。
 でもその数十倍、中途半端な出来の目玉オヤジが会場中にあふれていたよ。
 またねぇ、目玉オヤジはデザイン自身が優れているから、中途半端な出来であっても公式フィギュアよりもずっと出来がいいんだよね(笑)
 
 というわけで、ワンフェスって美少女や怪獣以外にもいろいろあるんだよ。
 次回は7月25日(日)に幕張メッセだって。
 僕もまた行くから、一度遊びに来ない?

 今日はここまで。
 じゃ、明日は「レコーディング・ダイエット2.0のススメ」でね。

P.S. 来月の「ひとり夜話」の告知が出ました。
くわしくはこっちへ

 


Posted by 岡田斗司夫 at 06:00

この記事へのコメント

私はワンフェスに出向いた事ありませんが、このお話非常に興味深く思えてなりません。御贔屓への導火線が、何処に届くと大爆発するか不発弾になるか....ってのは、個人的な趣味の神保町探索と似ているなぁ~って、やっぱり現場に出向かなきゃ何もはじまりませんね。
Posted by ビショップ僧侶 at 2010年02月18日 09:41
私もワンフェスに行ったことがなかったのですが、
ブログを拝見して夏は行ってみたくなりました☆
映画公開が近づいて更にヤマト熱があがっているといいなぁ♪
Posted by 冬 at 2010年02月18日 13:48
あの番組でワンフェス、コミケですか~。
もし取り上げられたら、、、。あの強気の女性アナウンサーさんの色々な感情が入り交じったような表情が頭に浮かびました。
Posted by 名無し at 2010年02月18日 21:26
「総統グラス」は磁器製だったのでしょうか?

製造コストと強度の関係で、ガラス以外の材料で作ったのでしょうか?
(それとも色つきガラス?)

ガラス製なら、欲しいですね。
(でも石英ガラスなら、高くなりそう)

ワンフェスをビジネス番組で取り上げるなら、JKファッションやゴスロリで海外取材まで敢行したNHKの「東京カワイイ」を作っているスタッフが中心になってNHKのビジネス番組で取り上げると、それなりの仕上がりになると思いますけど、岡田さんはどう予想しますか?

でも、WBSで特集組んで欲しいですね。
リポーター役は松丸アナが例のエンジェル姿で登場して、
冒頭「私は、ふざけてこんな衣装をしているわけではありません。実は・・・(以下略)」という台詞でスタートして、まじめなリポートしてくれると結構笑えるコントになると思いますが・・・。ベタすぎますか?

(スタジオコメンテーターに岡田さんと森永卓郎さんの組み合わせがあると、結構おもしろいかもしれませんね)
Posted by ふーん at 2010年02月18日 23:47
ヤマトはスクラップ状態の戦艦大和から出現するのでなく真下の地下工場から発信する。
ワープ直前艦載機で発進していた森雪は帰艦が間に合わず月面基地に救出される。
太陽系さよならパーテイのときに地球に身よりのいない古代は月の森雪とわずか五分間の交信をして1年後お互いに無事に会うことを誓い合う。全長14万8千光年の長遠距離恋愛。
浮遊大陸では原始恐竜に食われながらガミラス基地に対して絶望的抵抗を続ける空間騎兵隊を救出その後波動砲発射。
土星空域で漂流する雪風からコスモナイトや修理資材を得るがガミラススパイが潜入古代は雪風艦内に落ちていた兄のコスモガンにて撃退、捕虜にする。古代の兄の生存はなく。
佐渡先生によるガミラス捕虜の検査、人間と同じと結論。
たこ型異星人というのはというのは冥王星原住生物のことではないのか?
反射衛生砲撃破には空間騎兵隊が抜群の
大活躍をする。
太陽系離脱後は映画版とほぼ同じ。ガミラス本土決戦ではデスラー政権が倒れ地球との共存の道が開かれる。
イスカンダルでの話は映画とほぼ同じ。
地球帰艦直前彗星帝国を率いたデスラーにより窮地に立たされるが森雪艦長のアンドロメダ率いる地球の新鋭艦隊がヤマト救出に間に合う。兄の守も雪風の生存者と共にアルカデイア号でスターシアをつれて駆け付ける。
その後都市帝国と交戦、、ブラックタイガーチームの大半、斉藤達は都市帝国内部で戦死する。都市帝国は真田の両手足爆弾で吹っ飛ぶ。
超巨大戦艦は空間磁力メッキで主砲を跳ね返されて撃破される。
主題歌は佐々木功さんに当時未収録に終わった4番まで歌ってもらう。
紙ラス帝国の撮影はヤマトファンをエキストラにして投影京都撮影所のベテラン俳優たちの総動員で行う。
地球防衛軍の撮影は東宝特撮のベテラン俳優とこれまたヤマトファンのエキストラによって撮影する。
宇宙からのメッセージと惑星大戦争の技術と演技力を最大限に結集した映像を目指す。
美男指令やガミラス捕虜はスマップから選び下品な男は扶養宇多スイッチのガミラス人は月刊OUTの初期編集部員から抜擢する。
以上勝手ながらの意見まことに失礼。
Posted by 東洋武侠団ゆきかぜ at 2010年02月22日 05:09
東洋武侠団の雪風と申します。
今回のワンフェスは二年ぶりの参加で幕張は初めてです。いつもワンフェスは過去よりも今が1番面白いイベントだと感じていましたが今回もそうでした。
あまり上手に作れないのですが20年以上前ワンフェスでの初出品はキャスト製のガミラス銃です。五丁用意して、売れたのは二丁でした。
実車版ヤマトのストーリー予想というか理想というかかなり勝手に予測してみました。
実際はどうなるか見当もつきませんが今からとても楽しみにしています。
Posted by 東洋武侠団ゆきかぜ at 2010年02月22日 05:31