アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 138人

twitter公開読書&今週の実写ヤマト・ファンクラブ

2010年01月21日

まず最初に告知ね。
今夜、1月21日(木)の夜10時から、twitterで公開読書します。

テキストは『こころの薬~幸せになれる診療室』大平健・倉田真由美(新潮文庫)。
いま本屋に並んでる本だけど、かなり面白い予感。
2時間以内に読み切っちゃう予定です。


さて実写ヤマト、今週は新しいニュースがないので会報は早くもネタ切れだよ。
ちぇっ。
先週、「チラシから予想」「ガミラスのキャスティング予想」と二つもネタ使うから・・・
いやいや、愚痴っても仕方ない。ネタがないなら妄想と思いこみだ!

いま実写版ヤマトを楽しみにしてる人って、どんな人たちなんだろうね?
今年の12月、映画館にはどんな人が見に来るんだろうか?
もちろんSMAPファンや俳優さんのファンもいるだろう。でも実写版ヤッターマンでは、客席にはかなりの数の「ひねくれた物好き」がいたような気がするよ。
実写ヤマトって、ヤッターマンを越える「近年例を見ないほどのひねくれた物好きを集める」映画になるんじゃないだろうか?

思えばずっと、ヤマトは恵まれなかった。
署名運動までして見に行った最初の劇場版は、TVアニメの切り貼り。唯一のオリジナルシーンは「イスカンダルまで行ったらもうスターシアは死んじゃってたよ」というなんでやねん的オチ。
だったら最初からコスモクリーナーの設計図送れ!

次の「さらば宇宙戦艦ヤマト」はいい。素晴らしい。地球連邦の防衛会議でヤマトが廃艦処分になるシーンで、閣僚が言う「現在、地球連邦艦隊に波動砲を搭載する艦もすでに20隻(だっけ?)を越える」というセリフにはゾクゾクしたよ。
あのヤマトの究極兵器・波動砲もいまや「当たり前の通常兵器」でしかない、というあの瞬間、ヤマトはたしかにサイエンス・フィクションだったよなぁ。

でも、その次の「新たなる旅立ち」あたりからヤマトはなんだかヘンテコ映画になってしまった。プロデューサー氏の発言がやたら前に出て、「愛」という言葉がやたら安っぽく繰り返されて、「真っ赤なスカーフ」が好きな自分まで恥ずかしい気がしてきた。

次第にファン自身も「ヤマトは○○まで」とお互いの卒業時期を言い合うアニメになってきた。
当時からヤマトファンの会話って、こんなのだったよ。

「オレは最初のテレビまで」
「いや、僕は『さらば』は許せるな。『ヤマト2』はダメだけど」
「『さらば』はダメだろう。なにが拡散波動砲だ」
「波動砲が二つあるなら、右が格さん波動砲で、左が助さん波動砲(笑)」
「オレは『完結編』までオッケーだな。アクエリアスに沈むヤマト、カッコいいじゃん」
「でも沖田艦長、生き返るんだぜ。佐渡先生がカメラ目線(!)で観客に謝っただけで」
「ヤマトシリーズでキャラの生きた死んだを追求しても意味ないよ。『魁!男塾』だと思えばいいじゃん」
「そうそう。ヤマト世界では、死んだとか、シリーズ完結とか、信じちゃダメだから」
「主題歌が島倉千代子でも驚いちゃダメ。次のヤマトでは氷川きよしかも」
「AKB48かも」
「Perfumeかも」
「加護亜依が復帰記念で演歌かも」
「全部ありそうだなぁ」
「ヤマトだもんなぁ」

「ひどいなぁ、みんな。そんなにヤマト、嫌いなの?」
「スキだよ」「大好きだよ」「愛してるよ」
「だって、スキじゃなかったら深夜のマクドナルドでコーヒー一杯でここまで語るはずないよ」
「もう俺たち、ヤマトが好きすぎて、待たされすぎて、裏切られたり待ちぼうけくらわされたりで、マトモな愛し方できなくなっちゃったんだよ」
「パンチドランカーだよな、ヤマトの」
「実写版、楽しみだなぁ」
「面白かったらいいなぁ」
「面白くなかったら・・・」

「・・・それもヤマトらしくて、いいなぁ」

ね、ひねくれてる物好きばっかりだろ?
オタクって好きな作品に純粋に愛を注ぐ人が多いんだけどさ、それを35才越えてこじらせると、みんなこうなっちゃうんだよね。
あ~、実写ヤマト、楽しみだなぁ。

え?もちろん、いろんな意味でだよ。
だって愛してるんだもん!

 今日はここまで。
 じゃ、明日は「レコーディング・ダイエット2.0のススメ」でね。







Posted by 岡田斗司夫 at 00:27

この記事へのコメント

 40代以上の人に実写版ヤマトの話をすると苦笑いしながら、観たいって言ってくれる人が多いので普通に楽しみにしている人が多いと思っていました。

でも、冷静に考えると40代以上の人でヤマトについて熱く語っている人って、世間的にはひねくれた物好きなのかもしれませんね。
Posted by alias at 2010年01月21日 00:45
当方47歳です。
この気持ちはよく分かります。
今やってるアニメ「復活編」も、見て後悔はしていません(私のブログのURLをリンクしておきました)。

どんな作品になっても、きっと文句を言いながら見ると思います。
Posted by 横山哲也 at 2010年01月21日 01:19
いままでのヤマトは未見なんですが

ブログを見ていたらだんだん楽しみになってきたので映画見に行こうかな

でも今までのヤマトを見た方がいいのか
見ないで実写版をいきなり見た方がいいか
迷っています

この前のひとり夜話でもいましたよね
マンガもアニメも見ないで
ハリウッド版ドラゴンボールを見た人が

見ないで行った方が先入観なしでみられるかな
多分、公開されると昔からのファンの人の感想がブログに溢れていると思うので

あえて見ずに行った方が違う目線で見て感想が言えるから面白いかもしれないな
Posted by cowboytrekeycowboytrekey at 2010年01月21日 01:58
やっぱり税金なんですね
復活篇のおかげでしょうか、それとも私が一人で騒いでいるからでしょうか、
職場で30代中盤より上の人間の食付きは良いです
男女問わず
「どうだった?」
と聞かれるとやっぱり
「よくも悪くもヤマトだった」
で全て通じちゃってます
でもって自分含めて皆揃って記憶がごちゃ混ぜになってると言う(笑)

でも哀しいかな実写版に対してはキムタクへの拒否反応もあって食いつき悪いですね
納税者の義務として布教活動してますけど

ところで度々話題に出るギャラクティカは今回のヤマトを語る上で必見でしょうか?
Posted by buellxlcr at 2010年01月21日 08:09
ヤマトファンの会話が面白すぎます!
愛がほとばしっていますね☆
当時の様子を知らない私ですが、
岡田さんのおかげで実写版ヤマトが楽しみです♪
Posted by 冬 at 2010年01月21日 10:16
かなりニヤニヤしながら読んでしまいました。私は「さらば」は許せるけど「ヤマト2」は許せない派ですね。でも全部見たけど(笑)徹夜もしてセルもらったし。(ヒドイカットだったけど)
Posted by おきらく堂 at 2010年01月21日 20:57
>だったら最初からコスモクリーナーの設計図送れ!

これ今まで気にしたことなかったですけど言われて見ればその通りですね。
コスモクリーナーの設計図は送らない合理的な理由って作中で説明されてるのかな。
Posted by nao at 2010年01月21日 21:08
デアゴスティーニ・ジャパンは公式マガジン「週刊宇宙戦艦ヤマト オフィシャル・ファクトファイル」を2010年2月2日に創刊する。74年のテレビ版第1作から、映画「宇宙戦艦ヤマト・復活篇」までの全作品を網羅した解説シリーズだ。登場キャラクターや名場面、各種メカなどを読み解いていく。毎週火曜日の発売(一部地域を除く)で、全60号を予定している。http://deagostini.jp/usy/

■映画配役予想
・藪 機関士:六角 精児/岡田斗司夫(痩せる前)
Posted by 野原 at 2010年01月21日 21:32
公開読者、つぶやきはしませんでしたが、参加しました。 本を読んでから参加できたらより楽しめたのにな~、でも、勝負や共感、顔を見ただけで、第三者など、面白かったです。
Posted by 名無し at 2010年01月21日 23:30
「・・・それもヤマトらしくて、いいなぁ」って台詞に思わず一緒になって頷いている私。おかげで決心がつきました。遅くなってしまいましたが乗艦を希望致します。

アンドロメダ、あんなにかっこいいのにヤマトの引き立て役になってるのが良いですよねえ。まさに格さん助さん。

アンドロメダといえば、さらばの数年後、スタートレックのエクセルシオールに激しいデジャヴを感じたのを思い出します。

やっぱり宇宙もののSFってどっかでつながってるんだと思うのですよ。別にパクリとかいう意味じゃなくて。

だからこそ実写版はギャラクティカといわず、今までの宇宙SFの総決算的な作品であって欲しい。もう何でもありで。そういうのが見たいなあ。
Posted by tm_labo at 2010年01月22日 00:28
>コスモクリーナーの設計図は送らない合理的な理由って作中で説明されてるのかな。

松本零士の提出したアイディアノートでは、スターシャはチャンスは与えるが、生かせなければ滅んでも仕方が無い・・・との考えだそうです。
23話でデスラーとの会話で、「自分の力でイスカンダルに辿りつく限りは放射能除去装置を渡す」と言ってますね。
Posted by ダボハゼ at 2010年01月22日 01:19
すみません、第二世代のオタクです。
ヤマト世代ではありません。
正月休みに、最初の劇場版のDVDを借りて
観たのですが、公開当時は、スターシアは
死んでしまうオチだったんですか?
DVDには、「生存」版と「死んじゃった」版が
選べるようになっており、そのまま再生すると
「生存」エンドになっていました。

なんか、エロゲーみたい・・・。
Posted by ak at 2010年01月22日 18:27
遅ればせながら乗艦を希望します、初めまして、blue filmと申します。
さっそくですが、タレコミと言いますか、昨日発売の映画秘宝3月号の
106ページにこんな短い記事がありましたので、ご報告します。以下引用しますと、
「暮れに公開される実写版宇宙戦艦ヤマト、ガミラス星人はCGで動くタコなんだそうです……
某情報筋からの話」・・・とありました。
・・・なんと言うか、映画秘宝ですから真偽のほどは確かではありませんが、
現時点でガミラス側のキャスティングが発表されていない事を思うと、
あながち有り得ない事ではないのかも知れません・・・。
ホントだったらゴジラ2000ミレニアムの悲劇再び!?と言うところでしょうか・・・。
では、今夜で都内でのヤマト復活篇の公開が終わりのようなので、
最後にもう1度レイトショーで見てこようかと思っています。
Posted by blue film at 2010年01月22日 19:27
逝かれたヤマトファンの続きの会話

「きっと、ヤマトに洗脳された、岡田さんが、待ちきれなくなって、
勝手にヤマト作るぜ!
 沖田艦長ではなく、西崎Pのレリーフが神風特攻を促す愛国艦隊大ヤマト」
 
「いや、くりいむレ★ンの元スタッフで、Re:キューティーハニーを監督した、
庵野さんが、監督さ!、で、
デスラー戦法に対抗できるのはデスラー戦法だけです、とか、言って、
人型の瞬間物質輸送機で、雪に”ハニーフラッシュー”とか叫ばせて、
看護婦さんに変身(お約束のワープ)。」

「壊れたヤマトの物語を再生するには、さらに壊すしかない。
それが、出来るのは、奴らだけでしょ」

「そうなんだ、
実は、つまらないヤマトを作らせたのは、
KGBの陰謀で、岡田と庵野にヤマトを作らせるための罠に違いない。」

「だって、エバのラストの人類補完計画や、ATフールドだって、
人類が愛し合うには、どうしたら良いか、ヤマトのつづきの話だしね」

「岡田と庵野は、もう50代だけれど、本家のヤマトを作らずに、棺おけに入るかね?
いや、岡田さんが耐えかねて、エバが終わった辺りに、庵野さんをけしかけるさ」

岡田さん、実際、ガイナックス系の真面目な!ヤマトが見たいです!。
Posted by ユキカゼ艦長 at 2010年01月23日 01:36
宇宙戦艦ヤマト特報!
http://www.youtube.com/watch?v=K-GGNz_tQGg
ヤマトイメージ凝縮・・・但しファン作製!
Posted by 大マゼラン君 at 2010年01月23日 11:17
はじめまして。遅ればせながらヤマト乗艦希望です。いつもながら期待するのは、ヤマトの発進シーンです。
実写版も楽しみです。
Posted by ごっつあん at 2010年01月24日 10:40
■MSN産経ニュース 2010.1.3 18:00より
■映画「SPACE BATTLESHIP ヤマト」

□大きなあこがれ
木村拓哉演じる古代進は、実年齢と同じ37歳。かつて軍のエースパイロットとして活躍し、退役していたが、放射能汚染で滅亡まであと1年となった地球を救うため、ヤマトの戦闘指揮にあたる戦闘班班長として再び戦場へ飛び込む。ただのヒーローではなく、孤独を抱え、愛を知る人間味あふれる男として描かれている。
今回、誰でも知っているキャラクターを演じるということを実感したのは、机の上に広げられた古代の衣装のデザイン画を初めて目にしたときだった。

 「パッと見た瞬間に、向こう側から役が近づいてくる感じがした。撮影に入る前の打ち合わせの時もラックに仮縫いの古代のジャケットがかかっていて、『あれ、おれのかな』と気になっていました。実際に袖を通したときはすごく責任を感じましたね。衣装という布きれの中に、どれだけ人間性という綿を詰め込んで立体化できるかという作業だと思いました」

 アニメや特殊効果などの制作会社「白組」による驚異の映像も見どころとなりそうだが、最新技術を目の当たりにして刺激を受けたという。「CGの工程を見せてもらって、そのすごさが新たに実感できた。コンピューターの力は借りるけれど、それを操っているのは人間だし、その人のワクワク感がそのまま画面で形になるんだなと」

□戦争って悲しい

 最新CG技術を駆使した壮絶な戦闘シーンもあるが、「こんなにも戦争って嫌な気分になるんだなあと、悔しくて悲しくてたまらなくなった。艦長役の山崎努さんの『この中で実際に戦争を経験したのはおれだけだな』という言葉にもドキッとしました」と語る。

 「今回、現場で感じたことを教訓にして、ほかの仕事も全力を持ってきちんとやり遂げたい」。これが「ヤマトYEAR」となる今年の木村の抱負だ。

□「山崎組」が再結集

 西暦2194年。正体不明の敵・ガミラスが地球への侵攻を開始し、世界各地に投下された無数の遊星爆弾によって人類の大半は死滅してしまう。5年後、地球は放射能に汚染され、生き残った人々は地下で生活していた。軍を退き、資源回収のために地表を探索していた古代進(木村拓哉)だが、14万8000光年のかなたにあるイスカンダル星に放射能除去装置が存在することが判明。古代は沖田艦長(山崎努)、戦闘班パイロットの森雪(黒木メイサ)らとともに宇宙戦艦ヤマトに乗り込み、イスカンダル星へ向けて旅立つ。

 ほかに柳葉敏郎、緒形直人、西田敏行、高島礼子らが出演。監督は日本のVFX(視覚効果)の第一人者で、「ALWAYS 三丁目の夕日」「BALLAD 名もなき恋のうた」の山崎貴。その妻で「K-20 怪人二十面相・伝」を監督した佐藤嗣麻子が脚本を手がけた。また音楽を「ALWAYS」の佐藤直紀が担当するなど、「山崎組」が再び結集した。
Posted by 野原しんのすけ at 2010年01月24日 22:05
今更かもしれないですが、乗艦します!
Posted by ろぼ at 2010年01月28日 09:56
しばらく隔日になります

って、それじゃ 今週金曜日ヤマトファンクラブ会報ないじゃんw
Posted by えっと・・・ at 2010年01月29日 20:11