アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 138人

魁!ブログ塾「どや顔に気をつけろ!」

2010年01月06日

 今日はブログふたつ、ダイエットのブログも合わせると4つも書かなきゃいけないから、さっさと結論を書くよ。
 あのね、ブログで「どや顔」は禁止ね。キンシ。

 「どや顔」って言うのは吉本系お笑い芸人たちが使ってる言葉。
 ウケたときとか自慢のフレーズ飛ばしたときに「どや!(大阪弁で「どうだ」の意味)」と小鼻が膨らんだ表情や、そういう態度のことだ。
 このドヤ顔、ブログでやっちゃってる人、かなり多いよ。
 特に「頭の良い系」のブログ。
 文章にやたら漢字やカタカナが多くて、ひとつの文章が長い。
 文末が「のだ」「なのだ」と言い切りで、なんとなく文章がいばっている。

 このように「どや顔」の見えてしまうブログは、書いてる本人は気持ちいいけど、実はあんまりウケない。
 なんとなく煙たがられてしまう。
 やめたほうがいいよ。「どや顔」は。

 僕だって人のことは言えない。
 過去の発言やブログみたら、もう「どや顔」だらけ。
 だからさ、僕は嫌われたことも多いし、発言をきちんと受け取ってもらえなかったことも多かったよ。
 誰でも当たり前だけど、説教されたくてブログ読んでるわけじゃない。
 でも、面白いことや新しいこと思いついたり、「これを書かなきゃ!」と使命感に燃えてブログ書いちゃうと、絶対に行間から書き手の「どや顔」が見えちゃう。
 
 せっかく書いたんだからキチンと受け取って欲しい。
 なにより楽しんで欲しい。
 でも、そういった本音も「どや顔」一つで台無しになっちゃうこともある。
 
 じゃあどうすれば「どや顔」は防げるのか?
 難しいんだよね。「どや顔」かどうかを見分けるのは読み手の側だから。
 完全な予防は不可能だし、誰かに「どや顔だ」と言われても、それはその人が神経過敏なだけかも知れない。

 いちおう予防としては前にも書いた「笑顔でブログ書く」というのがわりと有効かな。
 笑顔で書いてる限り、「どや顔」はそんなに不快にならないから。

 あと、時々主語を入れるのも有効。
 「○○なのは間違いない」と書くときに「私にとって」と主語をインサートする。
 インサートしちゃうと 「○○なのは間違いないと私は思う」と変えざるを得なくなる。
 「間違いないと思う」という言葉は論理的に矛盾している。カッコ悪くて使えない。
 つまり「間違いない」などの不用意な決めつけ語を使う確率が減る、という理屈だ。

 というわけで、今回の「魁!ブログ塾」は
 「ストップ!君の『どや顔』は見抜かれてるぞ」というお話でした。

 今日はここまで。
 じゃ、また明日ね。



Posted by 岡田斗司夫 at 15:05

この記事へのトラックバック

 今日はてなブックマークを見たら、オタキングこと岡田斗司夫氏がエントリを上げてらっしゃった。いや、ブロガーさんだから、エントリが上がるのは当然なんですが、ブログの内容は...
[日記]ブログ禁止ごと【tyokorataの日記】at 2010年01月11日 17:59
 一日に四百字詰め原稿用紙で5枚の文章を作るという事をやってみようかと思います。
いや、考えています。でも考えてるだけで終わるかもし...
作文の練習をしなきゃなぁ【Eclatez】at 2010年02月09日 12:10

この記事へのコメント

今回もすっごく面白かったです!!
そっかー!
「どや顔」を防ぐには「笑顔で書く」!
以前のブログでのご提案がパワーアップして
腑に落ちました。

私はどうだろう?「どや顔」してない?
と、怖くなっちゃいますが、まずは笑顔で
キーボードに向かいます♪
ありがとうございました♪♪
Posted by 冬 at 2010年01月06日 15:19
やばいッ・・・「どや顔」してるかも・・・
というか確実にしてるな

ブログを書き始めた頃は「思う」をたくさん使ってたけど

途中から
「ハッキリしない奴」と思われると思って
なるべく言い切りで書くようにしていたんだけど・・・・

努力して「思う」を減らしていたのに
逆だったなんて・・・

じゃあこれからは「思う」を使おうと思う
言い切りはやめようと思う
威張った文章はやめようと思う

思う、思う、思う、思う・・・・
Posted by cowboytrekey at 2010年01月06日 16:00
ライトノベルのスレイヤーズの
あとがきみたいな会話形式がいいとおもいます!難しいですけど。
Posted by あい at 2010年01月06日 17:23
きゃぁ~~~「どや顔」しちゃう!!!

ってゆうか「どや顔」するためにブログを書いてしまう的なところが自分にあるので根本的に意識改革をしないといけないなぁと思いましたよ。

笑顔を忘れず、読む人が楽しめるブログを目指して日々精進しようと思います。
Posted by utarou at 2010年01月06日 18:36
ブログを書く行為がどや行為なのであって読んでる人はそれを承知で読んでるはずです。問題は突っ込みの余地すら与えないぐらい自分のワールドに突入してしまってることですね。しかしそんなブログを書き続けてても誰からもコメントを書かれませんから本人もそのうち面白くないと気付くんだと思います。(そしてツイッターなんかに移動しちゃったりなんかして)。思わずコメントを書いてしまうブログっていうのは周りに開かれてる感じがするので「関わっていこう!」って思えるのです。
Posted by アイスキューブ at 2010年01月06日 23:15
やっぱり、岡田さん、好きだー~と言いたくなってしまいます。僕の書き込みを考えると、、、どやどやしてますね。
『どや顔』をしたいときは、『どや顔』をしてみました。って書きます。
Posted by 名無し at 2010年01月06日 23:57
あ~
あたしも「どや顔」してますね。
なるべく抑えようと思うのだけど、鬱屈した正確なんで、何故かブログを書き出すとそうなっちゃう。自分の書きたい事に妥協を許さないという意識がそうさせてるのかもしれません。もうちょっと気楽に書けば良いのかも・・・
Posted by 奥州亭三景 at 2010年01月07日 12:40
「どや顔」…。

僕もしょっちゅうやってました (_´Д`)ノ~~

以後やらないよう気をつけます m(__)m

貴重な情報ありがとうございます (・∀・)ノ
Posted by 斉藤 at 2010年01月07日 16:19
「である」「のである」「のだ」「なのだ」については、大野晋さんの『日本語練習帳』という本で知りました。本多勝一さんの『日本語の作文技術』でも触れてますが、論点は違いますね。ただ、それを読んでから「あ、偉そうなんだな」と意識するようになりました。それまではそうは思わなかった。普通だと思ってました。だから、岡田さんがこうやって、“偉そうだ”と印象付けるという側面もあると思います。だから、「のだ」「なのだ」はこう使え!という岡田さんの見解が読みたいです。
Posted by あい at 2010年01月07日 18:39
なるほどー。
「どや顔」の記事。
僕も書いちゃってますね(苦笑)

でも「どや顔」で書くことを決めた人のブログや記事って案外支持されることもあると思うんですよね。
もちろん物によりますけれども。

岡田さん記事はコメントをつけやすいです。
双方向性が保たれた書き方を意識されているからでしょうか?

問いかけ自体が主張になっているので、
自己完結していない。
それはやっぱり多くの人の意見を呼び込みますよね。
集合知を呼び寄せる記事の書き方なんだろうなぁと思います。

ただ、逆説的に信者のような人が増えすぎそうな気もするので、
時には「どや顔」も大切なのかもしれないなぁとか思ったりします。
突き放すような部分というか。

「どや顔」は厳禁だ。
という決まりごとにしてしまうと、
それが「どや顔」に見えてしまうこともあるんじゃないかとか。
少々失礼なことを申し上げてみたりします。

あくまでも時と場合によりけりでしょうけど。
Posted by 円山 at 2010年01月07日 21:52
ちょっと気をつけて反省してみます(*^-^*)
Posted by 大魔王大魔王 at 2010年01月11日 03:49