アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 138人

週刊アスキーこぼれ話 「恐怖の風水サイフ!」

2010年01月06日

 毎週火曜は週刊アスキーの発売日。
 なので火曜のブログは僕が連載中の「ま、金ならあるし」に書けなかったことの補足情報だ。

 ・・・と書いたけど、昨日は更新できなくてスマン。
 今後、こういうことのないように反省と対応策をあっちのブログにも書いたよ。
 ノート術などと被る部分もあるので、できれば読んでね。

 さて、今週の「ま金」はお正月とお年玉。
 でも今回のこぼれ話はそれとは関係なく、年末に編集さんたちと話し合った単行本化計画について。

 ありがたいことにこの連載、かなり評判が良い。
 「読んでます」という業界人の多さにはいつも驚いてしまう。
 実はいま出版や映像。デジタル業界にいる30代以上の人たちって、かなりの確率でかつてのアニメファンやSF大会に来ていた人、興味を持っていた人たちなんだろうね。

 というわけで、年の瀬に焼き肉食べながら単行本について話してきたよ。
 まぁ内容は連載そのまま。あとは「おまけ」をどれぐらいつけるか、だ。
 連載は一回の文字数が少ないので、書ききれなかった裏話も多い。
 これを載せる、または書き下ろしで長い目の読み切りエッセイを書く、というのが一案。

 いやいや、もっと豪華なおまけつけちゃいましょう!というアイデアも出た。
 週アスならではのオマケとか、連載ならではのオマケとか、考えるといろいろ楽しいよね。
 「お金が稼げるけど、それ以上の勢いで使っちゃうイヤ~ンな財布」とか。
 風水では、金運を上げる色は黄色、逆に金運を下げてしまう色は赤だと言われている。
 じゃあ黄色と赤のシマシマ財布にしたら、金運が上がったり下がったりして面白いと思わない?
 あ、これいいなぁ。
 ボロボロの財布は金運下げて、新品の財布はあげるそうだから二種類の質感の布でパッチワークも楽しいよね。

 もし面白いこと思いついたら、コメント欄で教えてね。
 アイデア採用者には、もちろん単行本(オマケ付)をプレゼントします。

 今日はここまで。
 といっても、今日は二日分書くから、「火曜の分はここまで」という意味ね。
 じゃ、またあとでね。




Posted by 岡田斗司夫 at 14:41

この記事へのコメント

おまけアイデア、考えますた。
お財布ケータイならぬ、ケータイお財布というのは?財布の中にケータイが収納できるやつ。もしくは、ケータイを巻いて収納する財布とか。ケータイ使うときは、巻物みたいにぐるぐる解いて使わなければならないw
Posted by arima81 at 2010年01月06日 14:53
コンプティークの福袋みたいなのがいいと思います!
中身はエッチなのじゃなくていいですが。
Posted by fb at 2010年01月06日 15:04
お金がらみと言う事で…ベタなんですが、お札に似せたプリントがしてある長方形で、上部にファスナー付きの入れ物はどうでしょうか?

片面は壱万円札でもう片面は千円札。人物絵柄部分は岡田氏の笑っている顔を配置します。

素材は綿か硬めのビニール(プリントなら綿が実現しやすい?)。


用途は財布として以外にもペンケースやポーチにも使えて、パッと見がちょっと笑えてウケる感じが理想的。

…コテコテ過ぎますか?!
※オマケのおまけにファスナーの部分に“根付け”のような物が付属していると、さらにお得感が出たりも!
Posted by しおしお at 2010年01月06日 15:44
下剤と下痢止め一緒に飲めば? つまらないですね。
Posted by 愚策 at 2010年01月06日 19:04
お金シール!原寸大は無理なので、限りなく原寸に近い贋札シールを100万円分。または100万円札(むろん肖像は著者またはアスキー編集長)とかw
Posted by arima81 at 2010年01月06日 20:00
ダイエット貯金箱(袋)
 風船みたいに入れるチューブ型。強化ビニルで簡単には破けないが、貯めすぎると自壊。

エアペンシル
 PC機器などのタブレット式ではなく、文字通りインクの出ないペン。二本に分かれて「箸」として使う。 

A6下敷き
 (手帳用兼単行本の栞)
Posted by arima81 at 2010年01月06日 23:41
財布だとなかなか使うことがないので・・。

電脳学園の原画集かエイプハンターのおまけの本を・・読んだことないのです猪木大統領の本
Posted by yama at 2010年01月07日 07:58
シンプルにボールペンはいかがでしょうか?

レコダイにも使用できますし

コミケで販売されていた手ぬぐいにもプリントされている、岡田さんのキャラクター(勝手に“岡田ぼうや”と呼んでいます)が好きなので、あの子がワンポイントになってるものも良いなあ。

岡田さんの落語家としての名“吉祥亭満月”の紋のお月様とロケットのマークも好きです。
Posted by 地下室 at 2010年01月07日 13:00
先ほどの投稿に関して訂正

“岡田ぼうや”について

手ぬぐいにもプリントされていたキャラクター

というより、

“ま金”のアイコンにもなってるキャラクター

と表現を変えます。

いま、手元に手ぬぐいが無いのですが、冬コミ手ぬぐいのキャラクターは、ゼネプロブログで岡田さんのアイコンに使われている“手書きタッチの岡田さんキャラクター”だったような気がして訂正させて頂きました。
Posted by 地下室 at 2010年01月07日 13:09
財布ではなく、財布に入れるもの。入れたいけど、なかなか手に入らないもの。お金が貯まるもの。ご利益があるもの。そう、
つまり、ヘビの抜け殻というのは?
もちろんソフビの玩具仕様だけど。
Posted by arima81 at 2010年01月07日 19:04
>手ぬぐいにもプリントされている、岡田さんのキャラクター(勝手に“岡田ぼうや”と呼んでいます)

↑私もこのキャラクターが気になっていました。手拭いは画像でしか拝見してませんが、プリントのデザインが可愛らしいです。

これをモチーフにされたら良いのでは?
(私の案の“根付け”の代わりに、ボールチェーンを通した丸いプラスティック製のプレートに、上記の「岡田ぼうや」プリントされていても良いかな、と)
Posted by しおしお at 2010年01月08日 01:14