アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 138人

山梨県・昇仙峡に惑星メーテルがあった!

2009年11月29日

 いやいや、昨夜は失敗だったなぁ。
 甲府は都会だったんだよね。
 で、僕が泊まった昇仙峡という温泉地は、市内からわずか20分。
 でも山道つづれ道をどんどん登って、夜の7時過ぎにもう真っ暗なホテルに到着したらiPhoneが圏外。
 ま、ここまでは予想してるよ。softbankが都市部以外には弱い、とは聞いていたし。
 ところが、せっかく持っていたMacブックAirのイーモバイルも圏外。
 DoCoMoの携帯だけは問題なく繋がるのは、さすが。

 で、困っちゃったわけ。
 僕のもくろみとしては、せっかくだから「大作家が温泉地に缶詰になってる気分」というのを味わいたくて(笑)、筑摩の『遺言』第4章原稿を書こうと思ってた。
 ところがその前夜、googleドキュメントですべての原稿を保存する、というアイデアをいまさらながら思いついて、書きかけの原稿とか全部googleドキュメントに入れちゃったんだよ。
 だからもちろん、原稿は書けない。
 持っている携帯ではGmail程度は見れるけど、添付ファイルも読めない(古い機種だからね)

 バカだねぇ・・・我ながら哀れだよ。
 仕事いっぱいしようと張り切って本も持たずに来たから、もう夜が退屈で退屈で・・・
 温泉に何度も浸かって、そしたら徐々に楽しくなっちゃってさ。
 自分がバカなことと、今夜は「なにもしなくてもいい」っていう何年ぶりかの開放感で。

 基本的に自分が好きでしてる仕事だから、休みなんか欲しくない。
 年末も1月1日の朝からも仕事してるんだ。
 でも、「できない」って決めちゃったら、なんだか楽しかったよ。
 風呂に入って、NHKとフジテレビしかマトモに映らないテレビ見て。
 また風呂に入って、昨日は思い切り早くベッドに入った。

 そしたら妄想というかなんだか変な方向に頭がいっちゃってさ。
 「惑星メーテルに着いた時の、星野鉄郎とメーテルとの会話」を延々考えちゃった。

「メーテル、みんなメーテルと同じ顔、してるよ!」
「鉄朗、今回だけは松本先生に言わないであげるわ」
「ご、ごめん、メーテル。・・・で、でも!みんなメーテルと同じ帽子、かぶってる?」
「あれは私のお姉様と妹なの」
「でも・・・みんな長さが違うッ!」
「私より長いのがお姉様。短いのが妹なの」
「えっ、メーテルの帽子にそんな理由があったなんて!」
「私の帽子の長さがちょうど1メーテル。地球の1メートルに相当するわ。だから私の本当の名前は1メーテル。普段は省略して、単に『メーテル』呼ばれているの」
「知らなかった・・・」
「ほら、前から来る人は見たところ1.1メーテルぐらいかしら・・・」
「うわ、ふたりのメーテルがお互いの帽子を品定めしてる!」

「ごきげんよう、お姉様」
「ごきげんよう、我が妹。それは地球人なの?」
「はい」

「うわ!こっちからは3メートル、じゃない3メーテルはある帽子の女が!」
「ごきげんよう、妹たち」
「ごきげんよう、お姉様」「ごきげんよう、お姉様」
「1メーテル、お前を大お姉様が呼んでいます」

「ああっ、地平線の向こうから見えるぐらい巨大な帽子が!」

 松本先生、ごめんなさい。
 昨夜はこんなことばっかり考えて温泉入ってました。
 お詫びに昇仙峡のスナップ写真でも見てください。



Posted by 岡田斗司夫 at 17:13

この記事へのコメント

ワーカホリックなんですね。
小生なんぞは時々意図的になんにもしない日を作らないと、パンクしそうになります。
全然忙しいわけではないのですがw

嫌なストレスが多いからでしょうかねw

「アイディアの作り方」ではないですが、時々頭を使わない状況を作って、アイディアの熟成を待つのも面白いのかなぁとも思います。
Posted by スロ at 2009年11月29日 17:50
大作家が温泉に缶詰・・・・
いいですね作家なら一度はやってみたいですよね。

昇仙峡、行ったことは無いですが
記事を見ていると都会とは時間の流れが違う雰囲気を感じました。

1メーテル・・・
思わず吹き出してしまいましたよ
凄い妄想ですね。
Posted by cowboytrekey at 2009年11月29日 17:56
顔が同じだから帽子の長さで区別してるんですね、メーテルたちは。だから惑星メーテルって名前だったのか…!
鉄郎が会ったメーテルは1メーテルでよかったですね。10メーテルあったら座ってても999の天井にぶつかっちゃいます。立ったら帽子がふにゃってなって大変ですね。こすれるし。
でもいつかメーテルも2メーテル、3メーテルへと成長するんでしょうか。偉いメーテルの家は天井が高そうですね。「このぐらい高くないと、ひっかかっちゃうわ」って言ってそう。
この妄想では「メーテル」の言い方は「メートル」のアクセントですね。

あ、ひとり夜話4、楽しみにしてます。
Posted by YU at 2009年11月29日 20:51
ムカシのマンガで他マンガのパロディをやったら「○○先生ごめんなさい」ってセリフが入ってたりしましたねぇ…。
Posted by yuki at 2009年11月29日 21:33
1メーテルに爆笑です
Posted by BP at 2009年11月30日 08:40
それは「宇宙機関車三並び9」の事ですね。
「宇宙戦艦ヤマト 復活篇」公開記念特別番組「ぼくらとヤマトの軌跡」に出演なさった時に「ま」ではじまるマンガ家さんの話題を出せなかったのが心残りだったんでしょうね。

以前テレビの美術番組で「レオナルド・ダ・ヴィンチの自画像の顔を反転させるとモナリザの顔と一致する」という話を聞いた時、「なんだ。ダ・ヴィンチも松本零士と同じなのか」と思いました。
Posted by カブトガニ at 2009年11月30日 09:31