アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 138人

ベーシック・インカム、どうだろう?

2009年11月26日

 『働かざるもの、餓えるべからず』(小飼弾)が届いたよ。
 amazonで注文したあとで、著者本人から「送ります」と言われたので、いまうちには二冊、ダブってるんだ。
 一冊は引き取り手を探さなくちゃね。

 この本で語られるベーシック・インカムという発想は、しばらく前から興味があった。
 ベーシック・インカムとは、簡単に言えば国民一人あたり無条件で毎月5~10万ぐらい与えてしまおう、という考え方。
 そのかわり、社会保障やいろんな制度をいっぺんに廃止する。
 現在の不況が「カネがない」ではなく「カネが流れない」であることを考えても、かなりインパクトのある解決策になる、ということらしい。

 いやいや、最初に聞いたときにはびっくりしたよ。
 大阪人であり昭和30年代生まれの僕にとって見れば、まさに「働かざるもの、喰うべからず」という考え方が骨身に染みついてしまっている。
 でもねぇ、そんなの景気が良かった時代だけに通用する掛け声じゃないの?という疑問もあるんだよね。

 と、ここまで書いてまだこの本、読んでないんだよね。
 まずいろいろ勉強してから読もうと思って、外堀を固めつつある。

① 『「嫌消費」世代の研究』(松田久一)・・・モノを買ったり欲しがったりすることに嫌悪感を持つ世代の話。昭和世代が「欲望」で動いていたとすれば、平成生まれたちはまさに「劣等感」で動いているのかもね。その研究書。

『フリー』(クリス・アンダーソン)・・・あらゆる産業に<無料>という波が来る。それは可能性ではなく時間の問題でしかない、というとんでもない時代の予言書。以前から僕は「本を書いてお金をもらえるのは、あと5年。保って10年かな?」とか考えていた。僕が売れなくなる、というのではなく、そういう時代になっちゃうような気がしてしかたないからだ。この本も外堀の一つ。

『ネットビジネスの終わり』(山本一郎)・・・この人の本を買うのははじめてだけど、とりあえず読み始めた印象としてはかなり面白い。アニメ産業の構造的欠陥も後半に書いてるみたいだし、これは思わぬ拾いものかもね。

『果てしなき河よ我を誘え』(フィリップ・ホセ・ファーマー)・・・70年代に翻訳された海外SF小説。ベーシック・インカムのような制度が普及した世界で、「さて、どうなるの?」というお話が進行する。

 まず①~④を読んでから、『働かざるもの、餓えるべからず』に取りかかろうと思ってるんだけど、来週には読めるかなぁ。
 期日と時間を決めてtwitterで公開読書会をやるのも面白そうだね。

 とりあえず今夜と明日は、土曜に甲府でマンガ夜話収録があるから『リアル』を読み返さなくちゃ・・・

 今日はここまで。
 じゃ、また明日ね。




Posted by 岡田斗司夫 at 23:37

この記事へのトラックバック

「損失穴埋め強要され自殺」営業マン遺族、会社を提訴 : 静岡 : 地域 : YOMIURI ONLINE(読売新聞) 関係ない話だけど、この企業のCMキャラって最近Blogで国士っぷりを発揮している方だよなあ...
[ニュース][政治][社会][芸能][マスコミ][YouTube][Blog][Web][ネタ][本][ゲーム][ビジネス][PC][DVD]2009/11/27 ニュース その他〜民主党の仕分けはまだか?【昨日の風はどんなのだっけ?】at 2009年12月19日 07:55

この記事へのコメント

最近よく、読書したいなぁって思います
特に小飼さんシリーズ(←)は読んでみたいです
取り敢えず、『明日の広告』から手を付ける予定です
学科の勉強にもなりますしね
Posted by 永和 at 2009年11月26日 23:45
ベーシックインカムってエコカー補助金に比べたら相当マシですよ。車買えるほど余裕ある人達たちに一人25万くらいバラまいたんだもん(笑)
Posted by 義春 at 2009年11月26日 23:46
職場のオートメーション化でコストは削減され、同時に従業員の給料が減らされたり解雇されたりしています。商品の価格が下がっても所得が減った庶民は買い控えをし売れないからまた価格が下がる。難しい経済用語を使わなくてもデフレスパイラルの仕組みは普通の人ならおぼろげながらわかります。
でもすんなり「ベーシック・インカム」を受け入れるのもなかなか難しいです。岡田さんがどうお考えになるのか大変興味があります。
Posted by さんくろうさん at 2009年11月27日 00:17
『働かざるもの、餓えるべからず』今読んでます。

これはすごいです。

というのはこないだのひとり夜話の話とかなりかぶるからです。

ひとり夜話もまだ消化してないのに相乗効果で脳がスパークしてます。

ボード・ヴュラードが騎士の力に目覚めたときのように体がつくりかえられた感じです。

あと『「普通がいい」という病』という本をたまたま知って読んでるんですがこれもかなりすごいです。

今まで読んだ新書の中では一番です。

恋愛、人生の意味、文明からのプレッシャーというところがかなりかぶります。


シンクロニシティってあるんですよね。

一気にすごいことが起こりすぎてまだ考えがまとまりません。

昔の評論家が1ヶ月くらい考えたというのも納得しました。

ブログもまだ書ける状態じゃないです。

なんとか年内にまとめたいと思います。
Posted by fb at 2009年11月27日 00:28
公開読書は出来れば日曜日がいいな
リアルタイムで見られるので

今回のマンガ夜話は間が短くていいです。
いつもはいつになったら次やるんだろうと思っているので
バガボンドではなくてリアルって所がマンガ夜話っぽいチョイスですよね。
リアルは出たばかりのまででも9巻ですが
犬夜叉は大変でですね、自分もマンガ夜話を見る前にそのマンガを読むことが多いんですが長編はなかなか厳しいです。
途中で挫けてしまいます。
パタリロとかの時は早々に諦めてしまいました。
Posted by cowboytrekey at 2009年11月27日 01:03
岡田さんが読んでいる本と、うまくリンクするかどうか分かりませんが、「エンデの遺言」、いいですよ。お金と利子の問題が扱われています。利子について考えるといろいろ見えてくることがありますね。
Posted by 阿 at 2009年11月27日 12:21
③は書店でタイトルに惹かれたものの、そのままスルーしてしまいまいた
岡田さんの評価を見て今度は買ってみようかと思います
Posted by sttk at 2009年11月27日 13:11
ベーシックインカム。この話はネットでは良く出ますがテレビでは朝生で東ひろきさんがおっしゃったぐらいでした~。
堀江さんはよくこの話をあげてますね~。
働かなくても生きていけるとなったら、教育とかもどーなるんだろー。自分の存在価値をその社会で見出だせるんだろうか? でも単純作業の賃金でアジアの国々に勝てるかって、勝てないし、そうなると日本は第三次産業で食っていかないといけないし。でも、シンプルな制度で分かりやすいな~。これから日本は中国の影に隠れるし。
自分はこれが実現したら、何するんやろ~?
Posted by 名無し at 2009年11月27日 18:02
はじめまして。

ベーシック・インカムについては、リンクにも記入しました。下記のサイトが情報が充実しています。

ベーシックインカム・実現を探る会
http://bijp.net/
Posted by BI Lover at 2009年11月30日 21:46