アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 138人

レーシック経過報告;2日目

2008年08月23日

レーシック手術をした翌朝、起きても別に風景は変わらず。
人によれば「世界が一変した」「こんなにはっきり見えたのは初めて!」と感動する人も多いらしいが、僕の場合は元々の視力が0.2ぐらいだから、まったく世界が変わる!というほどではない。
それでも、すべてのディテールがよく見える。電車の吊り広告など、驚くほど楽に読める。
昨日に比べると、視界のにじみやまぶしさによるくらみなど、ほとんど無くなった。

近くを見るのに、昨日から老眼鏡を使っている。強度2.0のやつだけど、これが不便だ。
安物だからしかたないのだけど、レンズ廻りの視界の歪みがすごいね。
あと、焦点深度というか、焦点の合う幅が短い!目から20センチ~50センチまでの、わずか30センチの幅でしかモノが見えない。
昨日の手術直前までは、見えていたのにいきなり見えなくなると言うのは、かなりの不便である。
ま、これも半年後に左目を遠近両用に再手術するまでの辛抱です。



Posted by 岡田斗司夫 at 21:10