アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 138人

ヤマト→ガンダム→エヴァ→ジブリ

2009年10月28日

 こないだ、「宇宙戦艦ヤマト」についての取材をオシャレ系雑誌から受けた。
 なんで「ヤマト」なのかというと、年末公開の新作アニメについてと言う。見てないからコメントできない、と答えたら「僕たちも見てないんです」と返された。
 年末公開の映画がプレスキットもできてないらしい。
 大丈夫か?
 
 で、雑誌側としては素材なしで記事を作らなくちゃいけないわけで、とりあえずいろんな人に「ヤマトとは何だったのか?」を聞いてまわってるらしい。
 
 「ヤマトとは何だったのか?」
 あらためて聞かれると難しい質問だ。
 あの頃、あんなに夢中になった作品なのに、いま聞かれると答えにくい。
 ガンダムだったら昨夜2時間半語ってもまだ足りないのにね。
 
 で、あらためてガンダムとヤマトの関係を考えると、
 ヤマト+ハイジ=ガンダムなんだな、とか
 ヤマト→ガンダム→エヴァ→ジブリというメガヒット作品の流れが「マニア→一般層→マニア→一般層」といううねりに見えてきて面白い。
 このあたりの考察、しばらく寝かせて発酵させようっと。
 
 今日はここまで。
 じゃ、また明日ね。









Posted by 岡田斗司夫 at 12:08

この記事へのコメント

ヤマト→ガンダム→エヴァ→ジブリのながれって、段々男が弱ってきて、もう男はダメだ、すっこんでろ。これからは女性がやる。っていう流れなのかなって感じました。
女性総理一回見たいな~。
Posted by 名無し at 2009年10月28日 19:03
自分的には「ヤマト」というと「海のトリトン」を思い出します。トリトン→ヤマト→ザンボット3→ガンダムというのが個人的には「ダークで複雑で面白い」という感想を持ったアニメ作品です。ヤマトとガンダムは映画化されて世間的に認知されましたが、あとの2作品はそのままでしたね。
ヤマトの新作は実写化への布石ということなのでしょうか。
Posted by さんくろうさん at 2009年10月28日 21:56
僕には
ヤマトは『家族』、ガンダムは『仲間』
エヴァは『個人主義』という風に見えます。
これを一本の流れで見ると
「運命共同体」という意識が希薄になって
いくベクトルなのではないかと思います。
Posted by gadget(ガジェット) at 2009年10月28日 23:28
私的にはこんな感じです

ヤマト→子供から大学生ぐらいまでのマニア→映画化→一般層→現在30代から50代ぐらいのマニアと一般層

ガンダム→子供から中高生、20代ぐらいまでのマニア→映画化、ガンプラ→一般層→現在子供から50代ぐらいまでのマニアと一般層

エヴァ→マニア→一般層のマニア化→現在20代から40代くらいのマニア

ジブリ→マニア→TV放送→老若男女の一般層→マニアは懐古する

ヤマト≠ハイジ≠猿の惑星 3ヵ月だけ裏番組
Posted by アキベエ at 2009年10月29日 01:10
>ヤマト≠ハイジ≠猿の惑星 3ヵ月だけ裏番組
猿の惑星ではなく猿の軍団の間違いでした、訂正します。
Posted by アキべエ at 2009年10月29日 01:23
ヤマトの予告編アルフィー付きを見ましたが
けっこういいかもと思ってしまいました。
http://info.movies.yahoo.co.jp/detail/tymv/id333967/

ここまで言いたいことをオブラートに包まない日本映画も珍しいです。
基本、肌に色がついてれば宇宙人!
Posted by やま at 2009年11月02日 07:39