アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 138人

さらに「ひとり夜話」について

2009年07月27日

 GYAOジョッキーの閉鎖に関して、ようやっと公式アナウンスがでた。
 
【GyaOジョッキー生放送終了のお知らせ】
GyaOジョッキーは、2009年8月28日(金)を持ちまして、生放送を終了いたします。生放送やアーカイブで視聴してくださったみなさん、チャットやイベントを通じて番組に参加してくださったみなさん、約3年間の数々のご声援のほど、本当にありがとうございました。


 
 というわけで、7月19日の日記を復活させてもいいんだけど、削除しちゃったからデータも手元にないや(笑)
 とりあえず、「ひとり夜話」の今後について、日記コメントありがとうございます。
 
 まず、今のところはニコ動とかYoutubeなどの動画配信などは考えていません。
 理由は簡単。「ひとり夜話」に必要なクオリティが保てないから。
 
 もちろん、上記のサービスを利用して、ひとり語り番組を提供してる人もいるのは知ってる。でも、僕にとって必要なクオリティは出せない。
 「ひとり夜話」はミニマムとはいえど、ちゃんとした舞台の上でやっている。カメラ3台にカメラマンふたり、スイッチャーひとり、チャット専門の構成作家ひとり。照明設備の整ったスタジオで、マイク2台という装置もある。
 ここまで準備した上で、「一時間ひとりでしゃべる」という番組が可能なわけ。
 
 見ている人にとっては「ひとりでしゃべるだけだから、どこでもできるだろ?」と思うかも知れないけど、実はライブハウス並みの仕込みと装置が必要なんだ。
 「観客からはギター一本の引き語りに見えても、実はちゃんとPA使ってる」みたいなもんだね。
 
 コンテンツの内容や特性によって、「見せ方」はかなり重要なんだよ。
 たとえば歌手の路上ライブは珍しくない。「演じる→聞く」という関係性というか舞台フィールドをわりと作りやすいから。
 ところが、漫才やコントの路上ライブは、歌手に比べて極端に少ない。「お笑い」の舞台フィールドは歌よりもずっとデリケートだからね。
 
 これが落語となると、さらに少ない。
 ひとりしゃべりで路上でやれるものといったら、演説とかになるよね。あれは「雑音という街の生音」を効果音として舞台フィールドに持ち込めるから成立するんだと思う。
 要するに「ヤジも参加のうち」ということだね。
 
 「ひとり夜話」をニコ動やYoutubeでやるのは不可能だ、と言ってるんじゃないんだよ。
 そっちで似たような企画やってる人もいるけど、「ひとり夜話」は違うな。もしやるとしたら、ぜんぜん別の企画だろうと思う。
 動画配信での復活を望んでいた人には申し訳ないけど、以上の理由で僕はやらないと思います。
 
 というわけで、今日の話はここまで。
 また明日ね。
 



Posted by 岡田斗司夫 at 15:10

この記事へのコメント

ぜひ東京や大阪で「ひとり夜話」続けてください!高知県在住ですが、万難を排してでも大阪まで聞きに行きますよ。
Posted by ルナチクス at 2009年07月27日 16:43
チープに見えるGYAOジョッキーでも、出演者以外に大勢の人が関わって配信してたのはよく分かりますし、それを岡田さん一人でやるというのは現実的にはやっぱ難しいのでしょうね・・・。
Posted by hirohiko at 2009年07月27日 16:57
全然しらなかった。残念だなあ
岡田さんはpodcastとかはやんないんですか?
Posted by たんそく男 at 2009年07月27日 19:22
ミランカは…?と思ったら、終わってしまってましたね。
Posted by ちん at 2009年07月27日 20:30
残念です。
岡田さんには、自由に話せて、かつ、ある程度求心力のあるメディアが不可欠だと思うんですがね。
…また、ロフトプラスワンに戻ってきて下さい!
Posted by ちょうぴん at 2009年07月27日 20:51
新ひとり夜話楽しみにしてます
Posted by 匿名 at 2009年07月27日 22:48
ぜひ、ネット配信で一人夜話をやってほしい(続けてほしい)です。
僕は、長崎県の佐世保市という、日本のほとんど最西端に住んでいるため、東京や大阪のイベントには、全くいけません。
ネット配信で一人夜話のような番組を放送することは、僕のような地方の人間と都市の人間との間の格差を少しでも解消することにつながると思うのです。
だから、どうにか、岡田さんの納得する形で構わないので、ネット配信の一人夜話を続けてください!
岡田さんのクオリティー高い話しをこれからも聞きたいです。
Posted by みかん at 2009年07月27日 23:09
東京、大阪、両公演行ける方は、なかなかいないと思うので、どんなお題だったのかブログで発表してもらえると、有り難いです。
また、納得のいくようなネット配信、その他の方法が見つかったら挑戦して欲しいです。
パーツ交換したら、まだ完全ではありませんが、パソコン復活したので、ひとり夜話最終回は見られそうです!
Posted by アキベエ at 2009年07月28日 01:14
やっぱり、スタッフが少なくともそれぐらいいないとできないのですね。町山智浩さんがpodcastで映画の話をしてくれているのですが、これがすごく面白い。でも、やっぱり全て一人でやっているそうなので、かなりキツいと言っていらっしゃいました。だからなかなか更新されないとう状況です。岡田さんも町山さんと同じ臭いを感じる方なので、ずっと話を聞きたいです。何かいい方法が無いかなあ・・・難しいですねぇ~。
Posted by ないとー at 2009年07月28日 09:00
大阪芸大に撮影スタジオはないのでしょうか?
持ち出しになってしまいますが、そこで何人かのスタッフを使って撮影、ネット配信というのでもダメですか?
Posted by スロトゥル at 2009年07月28日 14:40
ひとり夜話も終わると、だんだん岡田さんを拝見できる機会がすくなって来ましたね…

平成極楽オタク、プチクリ学園、gyao、mixiも
既に無く、アニメ夜話だけでしか「動く」岡田さんを見れなくなってしまったのは残念です。

ラジオというのはどうでしょうかね?
Posted by こいわい at 2009年07月28日 15:26
いつもブログ楽しみにしております(*^。^*)

何かこの日記。
とても感動しました♥


派手な露出が目的にならないで、
ご自分のおしごとへの責任が、
おありになって
ぶれてなくって
ほんとうに格好良いです!!!!


レコーディングダイエットの御本が売れたときにも、売れること以上に正しくやってほしいとおっしゃっていた事と重なりました★


これからますますご活躍たのしみにしております♥
Posted by あやこ♥ at 2009年07月28日 16:15
一人夜話がなくなってしまうのは残念です。

http://karapaia.livedoor.biz/archives/51469924.html
Posted by やがしら@足跡テロリスト at 2009年07月29日 02:31
私は画面では他の作業をしながら音だけ聞いてたんですが、確かにラジオとは違いましたね。
ラジオがファシズムで耳元でささやくんだとしたら、ポッドキャストは一人言でしょうか。
ジョッキーはスタッフに向けて喋ってる感じがしました。

あの距離感でないといけないとすると難しいですね。
会場だとせっかく地方の人も見れたのにってことになります。
攻殻の笑い男のときに自分の分身をネット上に上げて会議する回がありましたが、あれくらいになるとライブ会場に近いかもしれませんね。
セカンドライフでやるってのが一番近いかなー
Posted by fb at 2009年07月29日 03:13
ひとり夜話が終わってしまう事、本当に残念に思います。是非、インターネットで続けていただきたいです。
ネットで「あっと驚く放送局」なんかで続けていただけるのはどうでしょうか?
ここなら秋葉原からも近いですし便利かと。
オタキングとして今一度秋葉原から「ひとり夜話」を続けていただけると嬉しいです。
是非、ご検討ください。
Posted by がんも at 2009年07月29日 07:19
三時間スペシャルの時の、自宅でのセルフ撮影を見ると、確かに充分なクオリティと言いがたい気持ちもわかります。
見る側としては気軽に(そして出来れば安価に)岡田さんの話を聞きたいのですが、上手い方法は無いですかね。
Posted by Rick at 2009年07月29日 13:08
どうすれば万全に、ひとりばなしができるかは岡田さんが一番わかっていると思うから、何かを要求するような事はしません。嫌々じゃ「ひとり夜話」は成り立ちませんよ。
Posted by ゆい at 2009年07月29日 15:10
映像でなく、音声のみのポッドキャストではダメなのでしょうか。mp3にして配信するとか。

おわっちゃうの残念だなぁ。

ファンとしてなにか方法を考えよ・・。
Posted by ん~ at 2009年07月29日 17:23
ネットラジオみたな感じではだめなんでしょうか?
Posted by ちぽこそ at 2009年07月30日 20:15
要は「俺の話が聞きたいならちゃんと準備しろ」「いまさらYouTubeなんてやる気が出ない」ってことかな。

贅沢で傲慢な考え方ではあるけど、岡田さんぐらいの人になると当たり前。

そもそもGyaOジョッキーで仕事してることも違和感あった。

何かいい媒体が見つかるといいですね。
Posted by いまだ at 2009年08月01日 05:08
ご自分で映像配信や音声配信をするのは、岡田さんにとってGyaoジョッキーの「ひとり夜話」とは、少し違うのかもしれません。本業の仕事をする時間や労力をネット配信に割くべきではないという考えがあるのかもしれないし、Gyaoジョッキーのような舞台がセッティングされていた「ひとり夜話」のようなトークショウを継続するには、幾度となくやっているライブが比較的近い形で再現できると考えたからではないでしょうか。

またネット配信については岡田さんに陳情するよりも、番組をネット配信している会社に「Gyaoで岡田斗司夫さんがやっていた「ひとり夜話」が面白かったので、同じような企画で岡田斗司夫さんをMCに番組を配信できないか」というような意見をメールする方が効果的なのかもしれません。そして岡田さんに仕事の依頼が来て請け負うかどうか判断されるという事になると思います。
Posted by アキベエ at 2009年08月01日 23:58
最終回、残念ですが、がんばって下さい。お疲れ様でした。
Posted by ニコ39 at 2009年08月03日 08:18