アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 138人

西の空

2009年07月19日



写真は横長だから、スクロールして見てください。
虹の反対、西の空。夕焼けが始まってるね。
電線が美しい。
事務所のベランダから撮影。



Posted by 岡田斗司夫 at 19:00

この記事へのコメント

岡田さんって風景愛なブログもやるのですね(意外w)。
西ですか・・・、都会の地平線、美しいっす!
Posted by ruka at 2009年07月19日 21:26
電線が美しい。その訳が知りたいです。何故ですか? 僕は電線というのは早く無くなってくれないかな~と思うんですが、、
Posted by 名無し at 2009年07月19日 21:30
梅雨明けから本格的な夏に向かうほんのひととき…を感じます。

電柱・電線のない街づくりで日本の空の美しさをとりもどそう、という活動をしているところがあるそうですが、こうしてみると電線がある空も美しいなと思います。
Posted by かのん at 2009年07月19日 22:27
夕焼けですね。
記憶違いだったら申し訳ないんですが、
大阪の計画性なく四方に張り巡らされる
電線のある風景が好きといった
内容のテレビを見たような気がします。

アニメでも日本の風景として
電線のある街並をあえて描写したり
していますよね。
Posted by アキベエ at 2009年07月20日 00:04
夕日と電線、ゴジラが出てくるんじゃないかとわくわくします。また、帰ってきたウルトラマンが大好きだったので夕日のシーンではジーンとします。映画のAlways 三丁目の夕日も良かったなあ・・・・やっぱり朝日より、夕日が素敵です!!
Posted by ないとー at 2009年07月20日 23:53
気持ちよくわかります
都市計画に携わっていた人間として、電柱電線が無くなるに越したことはないのですが、地中化する事による大きな弊害があまり知られていないことが残念です。
架線には架線の良いところもありますからね。
確かに統合化したりして少なくできればそれに越したことはないのですが...
でも、電線が空にある景色というのは、なにか唱和の都市の情緒を感じます。
Posted by fumu at 2009年07月21日 10:37
浜辺や海岸などで見る電線のない夕空焼けはたしかに広大でロマンチック。でも電線のある日本の都市部の夕焼けにはどこか哀愁が漂っていてまた違った美しさがあります。たぶん子供のころの記憶が深層心理に働きかけ、美しく見させているのではないでしょうか。幼児期にどこで暮らしていたかによって感じ方が違うのかも知れませんね。それを言い出すとなぜ人間は夕焼けを美しいと感じるのか?なぜ曇りの空を美しいと思わないのか?という謎が次々と出てくるので深く考えないことにしましょうw
Posted by 流転 at 2009年07月22日 14:26
岡田さんがこの風景をアップした訳を分からずアホな質問をしてすいませんでした。 あ~、本当にアホでした。
Posted by 名無し at 2009年08月26日 00:35