アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 138人

もの書きは天職です

2009年06月18日

 昨日は久しぶりに筑摩書房さんと会議。ようやっと入稿した『遺言』第一章、第二章の原稿を前に、全体分量を試算してみた。
 本文を二段組みにすると、やはり読みづらい。図版や写真、注釈も多いだろうから、一段組みで試算してみると400ページ強。
 もしあまり加筆しなければ、の話だけど。
 
 打合せ中に、この本の核となるフレーズが思わず口から出てきた。
 あ、題名は『遺言』じゃなくて、こっちにしよう。『遺言』は、僕の都合というか理由で考えた題名だけど、こっちはおそらく「読んだ人の心に浮かぶフレーズそのもの」だから。
 題名の変更案は筑摩さんに持って帰ってもらい、第三章以降の作業に戻った。
 
 mixi辞めてから徐々にエンジンかかりだしたけど、いま本当に原稿を書いて本を出すのが楽しい。
 この波に乗ってるうちに何冊書けるかが勝負だと思う。

 書かなきゃいけない本は何冊もある。本当は新しい企画も進めたいんだけど、とりあえず目の前の書き下ろしや連載に全力を注がなくっちゃ。
 


Posted by 岡田斗司夫 at 11:04

この記事へのコメント

グインサーガの栗本さんやプロレスの三沢選手が亡くなったり、唐沢さんが倒れたりといった不幸なニュースばかりです。

岡田さんは少なくとも80までは生きてください。

洗脳社会2と頭の良くなる本を特に期待しています。

老大家で口述を多用する人もいますがそういうのもありじゃないでしょうか。
オーディオブックというのもいいと思います。

とにかく出し尽くしてください。
Posted by fb at 2009年06月18日 12:07
上中下でもいいです(笑)。

本棚にいい感じに収まれば満足です。
Posted by akari at 2009年06月18日 18:19
書きたいものがあって、それで売れて収入があるなんて、すばらしいですね。

岡田さんの本は論理があやしいけど、面白い。楽しみにしています。
Posted by tama at 2009年06月20日 15:14