アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 138人

「一万時間の法則」続き

2009年04月27日

 こないだ書いた「一万時間の法則」だけど、来月発売される単行本『天才! 成功する人々の法則』に詳細が載っている。
 僕はこの本のプルーフ(見本盤)を取り寄せて読んだ。かなり面白い。もちろん発売されたら買って読むつもりだ。

 僕自身がはじめて「一万時間の法則」を教えてもらったのは、3年ほど前にマンガ家のすがやみつる氏からだった。「たしかに言える!」と思ったのでいろんな方面で聞いてみたらジャンルは違えどかなり普遍性の高そうな法則だったのを覚えている。
 『天才! 成功する人々の法則』はビジネス書や成功本ではなく、社会考察書とでもいう本なので「成功するためには」みたいな読み方は正直役に立たない。だからタイトルで買おうと思った人には正直、期待はずれかも知れないけど、僕みたいな「この世の目に見えない法則性」を考えたりするのが大好きな人たちにとっては、間違いなく徹夜ものの本になるだろう。


Posted by 岡田斗司夫 at 01:31

この記事へのコメント

こちらの記事を読んでいて非常に興味をもってました。
http://blog.livedoor.jp/dankogai/archives/51204960.html

私の感覚では3000時間、7000時間あたりでやめてしまう人が多い気がします。
失敗の法則みたいなのもあるかも。

どうやったら「はまる」かにも興味があります。

是非ギャオジョッキーでやってください。
Posted by fb at 2009年04月27日 03:34
でも昔から「継続は力なり」という言葉があるんだから、
何を今更ようやく気がついたの?という感じもしますけどね。
しかし時にこうやって振り返って検証するのも大切ですね。
Posted by ひろデジj at 2009年04月27日 19:45

まーた馬鹿がわいとるわ。
Posted by TOM at 2009年04月27日 22:28
gyaoジョッキーみましたよ☆
皆さん賢くて科学的根拠のないことや、
目に見えないものは
信用できないとは思いますが、
僕は岡田さんの宗教の話、好きでした。

科学的根拠がなくてあれですが、
科学を突き詰めても
人間は何のために生きるのかが
解明されないように思えます。
目に見えないもの、生命哲学を解き明かした
普遍的宗教は、必ずありますよ。
Posted by エレカタ at 2009年05月09日 21:08