アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 138人

一万時間の法則

2009年04月22日

 「一万時間の法則」をご存じだろうか?
 僕は教育業界で聞いたんだけど、他の業界でも「知ってる人は知ってる常識」みたいな法則だ。簡単に要約すると、こうなる。

★一人前以上の能力を身につけるには、どんな職種でも一万時間以上のトレーニングが必要。逆に言えば、一万時間以上のトレーニングができない場合、その能力はプロレベルにはならない。

 たしかに、僕が知ってる限り絵の上手いヤツ、それもプロになるようなヤツというのは例外なく年がら年中、絵を描いている。もちろんゲームもするし映画も見るしマンガも読むんだけど、そのぶん寝る時間を削ってまで描いている。
 モデラーだって、小説家だって、同じだ。僕の知り合いで自分の才能というか能力で喰ってるヤツというのは、だいたいこの一万時間の法則で説明がつく。20代前半で一万時間の訓練を終えているかどうか、そのあたりに「プロとして喰っていけるかどうか」の分岐点がありそうだ。

 では、僕自身はどうだろうか?いったい、いままでどんな訓練を一万時間やってきたのか?
 本も書いてるし、大学でも教えているし、GyaOジョッキーみたいな「ひとりしゃべり」も仕事としてこなせてるんだから、なにかしらのスキルはあるんだろう。でもどんな訓練を、それも一万時間以上やってきたのだろうか?
 一万時間というと、毎日3時間で10年近くの積み上げが必要だ。
 熱中したとして、毎日10時間でも3年。SF大会やってた頃やアニメ作っていた頃はもちろんそれぐらい働いていたけど、「トレーニング」というのは思いつかない。

 アレコレ考えて、ハッと気がついた。
 あ、そうだ。僕は「仮説と検証」という作業を、それこそこの20年以上毎日3時間はやってるなぁ。
 日によっては5時間6時間と続けるときもあるし、たしかに一万時間以上は絶対に積み重ねているはずだ。
 ふうむ、ということは・・・面白い!

 昨年末からずっと、いわゆる「次回作」について考えてきた。それについての回答にもなりそうだなぁ。
 もうしばらく、「仮説と検証」を続けてみることにします。
 


Posted by 岡田斗司夫 at 21:27

この記事へのトラックバック

のとーりあす リアルな話すると 日本人の50人に1人は自殺で死ぬ。 http://notorious2.blog121.fc2.com/blog-entry-1235.html       _____     /::::::─三三─\            リア...
あなたが3日坊主で終わる理由。あるいはメンヘル療法。【teruyastarはかく語りき】at 2009年06月25日 04:37

この記事へのコメント

今日の内容は無茶苦茶興味があります。
一万時間の法則なんて僕は今まで聞いたことがありませんでした。あ~、この話もっと早くに聞きたかった~(笑)。
Posted by おもしろい at 2009年04月22日 21:54
わたしは○○士の仕事をしているのですが、この一万時間の法則は当たっていると思います。30歳からですが、トータル一万時間以上、余計な構成の排除、ホネになる思想の抽出、質問→自分なりの理解をリピートして確認という作業を繰り返しやってて、とりあえず、プロとしてやっていけてます。
若いうちに「自分は何なら一万時間できるか」にフォーカスして、才能を伸ばしていくと面白いかもしれないですね。
Posted by 恵 at 2009年04月22日 22:42
ものすごく興味深い話ですね。はたして、僕は一万時間も熱中した事は有るのだろうか!?本を読んだり映画を観たり音楽を聴いたりかな……でも、観てるだけだから、あまり関係無いですね……


アニメと特撮は中学時代の忌まわしき思い違いからしばらく遠ざかっていたので、一万時間も費やしてはいないですね……
Posted by kain at 2009年04月22日 23:13
先日はきついこと書いて失礼しました(でも本音)。

> 一万時間の法則
昔、手書きで雑誌のデザイン指定をしていたころ、某誌のアートディレクターが「デザイナーは地球一周分の線を引かなきゃ一人前にはなれない」と言っていたのを思い出しました。
DTP時代となってはもう過去の話もいいところですが。
Posted by 元編集者 at 2009年04月23日 00:37
富野由悠季も言ってますよね。
何かを勉強したと云えるのは10年からだと。
Posted by もや at 2009年04月23日 17:30
ぜひ岡田さんから
「細野真宏の数学嫌いでも「数学的思考力」が飛躍的に身に付く本」
の感想を聞いてみたいです。
これほど分かりやすく「仮説と検証」について説明してある本をほかに知らないので。
Posted by ちぽこそ at 2009年04月23日 19:55
美術の予備校の講師の方が、
その気になれば一週間で東京芸大に入れるくらいになれる!
と云ったことがありました。
そして「わからなければ」何時間やっても無駄だ。やめてしまえ‥と。
たぶんそれは、
西欧絵画の特殊な基本原理の理解だと思うんですが‥。
勿論、そこから食える絵描きになれるかどうかは別ですよね。
で、その「わかる」という「その気」と、1万時間やってしまう情熱はイコールだと思います。
だから惰性で1万時間やっても無駄ではないでしょうか‥。
1万時間は「その気」の結果論だと思います。
A=Bであっても、
B=Aではないと思いました。
Posted by もや at 2009年04月24日 04:44
継続は力なり!って言葉でやる気の出ない理系人間にはこういう言い方してあげてね、って事ですね(笑)

で、セッ○スのプロになるにはどのような修練を1万時間したらよいのでしょうか?
Posted by しなつき at 2009年04月25日 00:09
>それをきちんとした統計があるわけでもないのに

頭カタイね。
こういうのは「酒の肴」話程度に受け止めるもんだ。
その話を共感できるなら自分の指針にでもすればいい話。
Posted by KM at 2009年04月25日 00:44