アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 138人

実写版「宇宙戦艦ヤマト」ファンクラブ会報#1

2010年01月15日

 毎週金曜は実写版ヤマト・ファンクラブだよ。

 やあ!乗艦を希望してくれたみんな。
 そして、まだ乗艦を決心できない人たち。ひょっとして君たちは『さらば宇宙戦艦ヤマト』の島大介のように、心は乗艦してるんだけどまだ艦橋に来るのをためらっているんだろうか?
 ところで、ヤマトのあの有名な艦橋、正式な名称はなんだろうね?松本版原作マンガでは「第二艦橋」だし、テレビアニメや図解では「第一艦橋」って言ってる。でも僕は当時の雑誌記事で「戦闘艦橋」という説明を見た気がするぞ。

 いやいや、こんな余談はどうでもいい。
 僕たちが待ちに待ってる実写ヤマトについて、今週の記事は二つだ。
①劇場でチラシ発見!火星はスルーですか?!
②実写版ヤマトの配役を考える

 ではレッツゴー!

①劇場でチラシ発見!火星はスルーですか?!

 これが吉祥寺の映画館で僕がもらってきたチラシ。公式サイトの画像に木村拓哉が乗っかってるバージョンだ。
 この図案から、僕は次のように推理したよ。

 木村拓哉の足下に転がってるヘルメットは、予告編冒頭部と同じ。ではあのシーンは九州坊ヶ崎沖の戦艦ヤマト沈没地点付近なのか?
 つまりあのヘルメットは遊星爆弾で汚染された大気の防護ヘルメットなんだろうね。
 木村拓哉が大事そうに抱えているカプセルに注目。これはおそらく「スターシァからの通信カプセル」だ。
 つまり戦艦ヤマトの後方に墜落している隕石のようなものは、おそらくイスカンダルからの宇宙船。船内にはスターシァの妹サーシァが乗っているんだろう。

 ふむ、ということは原作の「火星観測所で勤務している古代進・島大介は、火星に墜落した謎の宇宙船調査を命じられ」という部分をまるまるカットするんだろうね。
 で、イスカンダルの宇宙船は九州沖の戦艦大和沈没地点近くに墜落する。それを発見した古代進は、数世紀昔に沈没した巨大な戦艦の残骸にショックを受ける・・・というのがこのチラシの構図なんだろう。
 テレビアニメ第一話のお話が、これならコンパクトに10分以内で収まるしね。なかなか上手いなぁ。

 もちろん、以上の推理は僕の完全な妄想だ。
 でも、秘密に包まれた制作なんだから、勝手な推理はファンの権利だよね。
 ああ、本当に12月1日が楽しみだなぁ。

②実写版ヤマトの配役を考える

 ヤマトの配役、すでに発表されてるのは以下の通りだ。
《実写版「宇宙戦艦ヤマト」キャスト一覧》
キャスト    役名      役柄設定
木村拓哉   古代進    ヤマト戦闘班リーダー
黒木メイサ  森 雪     ヤマト戦闘班ブラックタイガー隊
柳葉敏郎   真田志郎   ヤマト技術班班長
緒形直人   島大介     ヤマト航海班班長
池内博之   斉藤始     ヤマト乗組員、空間騎兵隊隊長
マイコ    ★相原      ヤマト乗組員、通信班
堤真一     古代守    進の兄。駆逐艦ゆきかぜ艦長
高島礼子  ★佐渡先生   ヤマト艦内の医師
橋爪功     藤堂平九郎  地球防衛軍司令長官
西田敏行   徳川彦左衛門 ヤマト機関班班長
山崎努    沖田十三    ヤマト艦長
★原作では男性の設定だったが、映画では女性に変更


 この中でやっぱり気になるのは古代守、つまり主人公の兄ちゃんだ。原作のアニメはシリーズ途中で打ち切りになった。古代守は「宇宙海賊キャプテンハーロック」と名乗り、ヤマトを影に日に助ける、という設定のはずが、この打ち切りのおかげで無くなっちゃった。おかげでヤマトがイスカンダルに到着したら、いきなり寝たきりの兄ちゃんと古代くんはご対面→そのままスターシァさんと駆け落ちという、なんだか収まりの悪い流れになっちゃった。

 今回の実写版では、諸事情もあるだろうしとてもじゃないけどハーロックが登場するとは思えない。なのに、名優・堤真一を起用?なぜに?
 邦画では「名優を起用したら、それなりの見せ場を」というのがお約束だ。いったい古代守にどんな見せ場を与えてくれるんだろうか?
 タイタンでまだ生きてたとか?マゼラン潮流でヤマトを先導?ドメル艦隊の決戦に、まるでデススター攻略時のハン・ソロみたいに駆けつける?
 うわ~、楽しみすぎて死にそう~~~!!

 あと、ガミラス側の配役が一切出てないのが気になるよね。
 昔からのファンの中には「デスラーは伊武雅刀でないとダメだ!」と言う人もいるけど、僕はちょっと違うな。昔と同じじゃないとダメ、というなら最初から新作なんか望まなければいい。僕が見たいのは新しいヤマト、あの頃本気で「カッコいい!」と痺れたように、今の世界に通用するヤマトだ。伊武さんがダメ、というんじゃないよ。「伊武さんでないとダメ」というのが理解できないだけ。

 できれば、ドイツっぽい顔の配役でガミラスは揃えて欲しい。
 なので、僕の望む配役はこれだ!妄想だから予算とか考えてないぞ!(カッコ内は選考理由)

デスラー総統 ルドガー・ハウアー(顔が怖いから)
副総統ヒス  ジョン・マルコビッチ(神経質そう)
ドメル提督  アーノルド・シュワルツネッガー(これが艦隊率いてたら勝てそうにない)
ゲール副官  ダニー・デビード(素敵な小物っぷり)
シュルツ冥王星基地司令  ジョージ・ブッシュ(優柔不断な演技ならまかせろ!)
スターシァ  沢尻エリカ(特別出演)

 さぁ、みんなも未発表のキャスティング、考えてみよう!
 噂によると実写ヤマトのスタッフもこのページ見てるらしいぞ。
 彼らを感心させたり、「負けた!」と言わせたり、腹をよじらせたりしようじゃないか!

 あ~、楽しかった。
 今日はここまで。
 じゃ、また明日ね。
  


Posted by 岡田斗司夫 at 15:59