アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 138人

「ミッキーマウス問題」、回答編

2010年01月13日

 先月の日記で書いた「ミッキーマウス問題」の回答編だよ。

 まず、問題の確認からね。
 昨年末、コンビニや書店で発売になった「プレジデント」2010.1.18号の特集で、いろんな知識人が難問・奇問に答える大特集をやっている。
「カツマ教信者の女上司とどう付き合うべきか?」
「パスポートを20分で発行してもらう裏技とは?」
 などの100近い難問の中で、僕に割り振られたのは「お客に『ミッキーマウスの存在』を信じさせるには?」という超難問。
 ディズニー社からの依頼ではないけど、そのつもりで考えてくれ、というのが注文だ。

 当たり前だけど、この問題には正解はない。その意味ではフェルミ推論っぽい問題とも言える。
 そこでみなさんにも問題です。せっかくだから同じ条件で考えてみない?

「お客に『ミッキーマウスの存在』を信じさせるには?」

 前提条件は以下の三つ。
①トンチや「お笑い」は無し。「ミッキーを信じないと殺す」と脅すとか、実現不可能な回答はなし。
②相談相手の利益優先。この場合、ディズニー社に実現可能で、利益のある方法を考えること。
③制限時間は3時間。

 さらにプロ級チャレンジとして、僕の受けた追加二条件は以下の通り。
 やる気ある人はこっちにもチャレンジしてね。

④2000文字以内、つまり1950文字~2000文字で書く。多くても少なくてもダメ。この範囲内で「え?」「ふむふむ」「それで?」「なるほど!」という起承転結を展開する。
⑤プレジデントという雑誌の購買層、つまり30代後半~50代の男性をターゲットに書く。彼らが「この方法なら、ミッキーを信じる人が増えるだろう」と判断できる根拠と、面白く読み進められる誘導ラインを作る。

 10行下から、回答編がはじまります!









 では回答です。
 僕の出した答は、以下のとおり。
 ブログ画面で読みやすいように改行を増やした以外は、掲載文そのままです。


*********回答編スタート**********
 難問ですね。
 僕はディズニーランドのリピーターです。ランドもシーも大好きで、わざわざランドでお昼食べにだけ行くのもしょっちゅうでした。
 その僕ですら「ミッキーの実在」は信じてません。

 混乱を避けるため、「信じる」をレベル分けして話を進めます。
 信じる①は「実在を信じる」、つまり「あんな巨大な、人語を話すネズミ状の生物がいる」と信じることです。
 これは無理。ランド入り口に進化系統樹を張り出さなきゃいけなくなる。齧歯類を祖先にして、数千年前にカピバラより巨大化がはじまって二足歩行して、という不気味な図解を舞浜駅に張るのはオススメできません。

 信じる②は「概念を信じる」。
 愛や親子の絆を信じるのと同じです。物理的に存在しないけど「ある」と皆が信じている。

 信じる③は「夢があるから信じたい」。
 サンタやお正月の初詣、厄除けもここに入ります。

 信じる④は「信じてるフリをする」。大仏にお参りとかです。
 大仏をお参りする人は普段から仏教を信じてるのではなく、「せっかくお参りに来たから」という期間や場所限定、観光気分で「とりあえず」信じたフリを楽しみます。

 現在のミッキーに関しては、残念ながら④です。だから楽しかったディズニーランドを離れると、みんな恥ずかしそうにミニーの耳を外すわけです。
 ①は絶対に無理。②も難しい。
 となるとねらい目は③です。せめてサンタクロースと同じくらいには信じさせるにはどうするか?

 これより解決法に入ります。
 いま、ミッキーを信じようと思ったら、わざわざディズニーランドに入るしかありません。
 面白いことに、渋谷のディズニーショップでは信心が発生してこない。「本物」の近くにいかないとダメだからです。
 そう、ディズニーランドに「本物」がいるのが③以上の信心発生のネックになってるんですよ。

 信じる②や③は概念です。舞浜の遊園地にいる着ぐるみを「本物」だと言い張るのは①の行為です。
 でもそれは不可能。あんな生物がいるはずがないから。

 ①をはっきりあきらめない限り、絶対に②や③の高みにはたどり着きません。
 ミッキーをいま以上に信じさせるためには、逆説的でもあえて「このミッキーは着ぐるみです」と認めるしかないんです。
 
 ミッキーはディズニーが想像した夢のシンボルです。だから世界最高のアクターが入っています。ではミッキーの正体は中身のアクターでしょうか?着ぐるみでしょうか?

 いいえ、違います。

 大勢のスタッフが作り上げたミッキーの衣装を、最高のアクターが最高のレッスンの果てに選ばれて着込む。それだけでは、まだミッキーではありません。
 ミッキーがステージに上がる。
 パレードで手を振る。
 みなさんが手を振りかえして「ミッキー!」と叫ぶ。

 この瞬間、ミッキーは存在します。夢と想像の象徴として、この世界にミッキーマウスは降臨するのです。
 ミッキーマウスは、ディズニーが想像し、私たちスタッフが支え、みなさんが手を振ってくれたその瞬間だけこの世に存在できる奇跡、『夢の象徴』なんです。

 ここまで言い切らないとダメでしょう。このロジックなら③はOK、上手くすると②の「愛」と同レベルまで持っていけます。
 ミッキーではなく、「ミッキーを信じる自分の純粋さ」ならみんな喜んで信じてくれます。
 信じることにそれぞれ利益があるから。気持ちがいいからです。

 まずお客様の利益・気持ちを第一に。ディズニー社百年の計はここからではないでしょうか。
 
***********回答編おわり***********

 君の考えた回答はどうだったかな?
 僕自身の反省としては、行間から「どや顔」が見えるのがお恥ずかしい限り。
 でも制限のある誌面で、他の回答者もズラッと並ぶんだからこれぐらい言い切らないと「商品」になりにくいんだ。
 ま、3時間にしては頑張ったと満足してるので、見逃してね(笑)
 
 
 今日はここまで。
 じゃ、また明日ね。
  


Posted by 岡田斗司夫 at 23:14