アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 138人

ロングテールは幻想なのか?

2009年12月29日

 ダイエットブログの方にも書いたんだけどね、来月文藝春秋から出る文庫がおかしな事になっている。
 「レコーディング・ダイエット決定版」という書き下ろし本と、もう一冊の「レコーディング・ダイエット決定版 手帳」という書き込み式の手帳。
 この手帳の定価が190円という安すぎる価格なので、オンライン書店から「取り扱ってもらえない」という事態が起きているらしい。

 amazonで予約した人は、まだ発売前なのに「amazonから予約キャンセルのお知らせが来た」とtwitterで報告してくれた。
 この事態に対して、ダイエットブログの方では「定価が安すぎて、amazonなどオンライン書店では売っても利益が出ない。だから取り扱えないからだ」と説明をしている。
 amazonプレミアムの会員には通販無料にしなくちゃいけない。その最低価格が400円だ、という話を聞いたこともある。

 さて、ここからが今日の本題。
 別に僕の新刊の取り扱いウンヌンはどうでもいい。利益が出ないならショップも扱わなくて当然だろう。
 消費者やファンのためにとできるだけ安価で良質な商品を企画したけど、それはそれで僕と出版社が悔しがったり対応策を考えればいいだけ。
 問題の本質はここじゃない。

 この件で考えてみたんだけどね、ロングテール現象って幻想なのかな?
 今回の件で、通販サイト関係者に質問したら、匿名を条件にいろんなことを教えてもらった。
「定価が安い商品や利益の薄い商品は、カタログには載せるけど『品切れ処理』にしている」
「通販サイトは在庫種類を多く見せないとやっていけない。扱ってない商品でもオンラインカタログには載せて、問い合わせが来たら『売り切れです』と答える」
 僕の190円手帳と同じようなことは、どうやら水面下ではどこでも起きているらしい。

 リアルショップでは在庫や品揃えというのはごまかしにくい。
 でもオンラインショップでは、画像データさえあれば「在庫有り」商品とまったく見分けがつかない。
 ネットショッピングが当たり前になっている現在、実は「よく売れて儲かる商品」を優遇し、「あまり売れない商品」「利益の薄い商品」を冷遇したり、存在をもみ消したりするようなやり方が徐々に浸透しつつあるんじゃないか?
 僕は自分の手帳事件の底には、こういう「ネット通販のウソ」が隠れているような気がする。

 ロングテール現象という言葉はamazonのビジネスモデルから生まれた言葉だと言う。
 本来なら「売れ筋ではない商品」「利益の薄い商品」であろうとも、できるだけ多くの品種を網羅することによって、その総量が収益モデルを支えている。それがロングテール現象の本質じゃないだろうか?
 しかし上記のような「ネット通販のウソ」は、あきらかにロングテール現象の否定だ。

 今回の190円手帳、リアル書店ではどこでも取り扱ってもらえる。
 リアル店舗を持つセブンイレブン系ネット書店でも取り扱いOKだそうだ。
 そういえばamazonでは少年ジャンプや東スポ、売っていないよね。
 意外なところに、リアル書店の強みがあるんだなぁ。

 今日はここまで。
 明日はコミケ報告をします。
 じゃ、また明日ね。  


Posted by 岡田斗司夫 at 23:10