アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 138人

「ひとりテレビ」新作と、あなたに挑戦!ミッキーマウス問題

2009年12月28日

 (最後に追記あります)
 岡田斗司夫の「ひとりテレビ」、新作を公開したよ。
 今回は「宇宙戦艦ヤマト」完結編について。
 CS番組で対談した山寺宏一さんとのオンエアされなかった(できなかった)話も満載なので、楽しんでね。


 さて、タイトルの「ミッキーマウス問題」について。
 今日、コンビニや書店で発売になった「プレジデント」2010.1.18号の特集で、いろんな知識人が難問・奇問に答える大特集をやっている。
 「カツマ教信者の女上司とどう付き合うべきか?」
「パスポートを20分で発行してもらう裏技とは?」
 などの100近い難問の中で、僕に割り振られたのは「お客に『ミッキーマウスの存在』を信じさせるには?」という超難問。
 ディズニー社からの依頼ではないけど、そのつもりで考えてくれ、というのが注文だ。

 当たり前だけど、この問題には正解はない。その意味ではフェルミ推論っぽい問題とも言える。
 面白いから、ちゃんと考えたよ。
 そこでみなさんにも問題です。せっかくだから同じ条件で考えてみない?

「お客に『ミッキーマウスの存在』を信じさせるには?」

 前提条件は以下の三つ。
①トンチや「お笑い」は無し。「ミッキーを信じないと殺す」と脅すとか、実現不可能な回答はなし。
②相談相手の利益優先。この場合、ディズニー社に実現可能で、利益のある方法を考えること。
③制限時間は3時間。回答は2000文字以内。

 みなさんの答えはブログのコメント欄でも、自分のブログでもどちらでもご自由に。

 僕も同じ条件で考えたよ。
 答えは、プレジデントでチェックしてみよう。
 雑誌の次号が出たら、このブログでも公開しますので、雑誌が読めない環境の人はそれまでゆっくり考えて楽しんでください。

追記:
みんなミッキー問題にチャレンジしてるなぁ。
僕と同じ制約でやりたい人はいるかな?
僕に与えられた制約は以下の二つだよ。

①2000文字以内、つまり1950文字~2000文字で書く。多くても少なくてもダメ。この範囲内で「え?」「ふむふむ」「それで?」「なるほど!」という起承転結を展開する。
②プレジデントという雑誌の購買層、つまり30代後半~50代の男性をターゲットに書く。彼らが「この方法なら、ミッキーを信じる人が増えるだろう」と判断できる根拠と、面白く読み進められる誘導ラインを作る。

難しい?プロのライターならみんなやってる条件です。
やる気のある人は、この難易度高めのコースにチャレンジ!

 今日はここまで。
 じゃ、また明日ね。  


Posted by 岡田斗司夫 at 16:32