アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 138人

時差挨拶のススメ~twitter崩壊を未然に防ごう

2009年12月18日

 昨夜の焼き肉、美味かったなぁ・・・
 もちろん食べ過ぎたよ(笑)
 ま、そのあたりの話はダイエットブログで。

 それはともかく、昨夜の公開読書、twitterの不調がすごかったよ。
 読んでもつぶやいても、ほとんどリアクションなし。
 今まではそんなことなかった。読み進めて概略をUPしても、感想をつぶやいても答えきれないぐらいの人がつぶやき返してくれた。
 ところが、昨夜はシーン!だよ。
 なんか嫌われたかな?とか、小難しい本を選んじゃったのかな?とか思った。

 ところが開始後、30分以上してからやっと「岡田さんの公開読書、まだはじまらない」というつぶやきが、僕のタイムライン(TL)に表示されだしたんだ。
 え?どういうこと?
 初心者の僕は混乱したけど、どうやらtwitterではよくあることらしい。
 システムに負荷がかかりすぎて処理に時間がかかってるのだという。
 2時間後、深夜1時に公開読書が終わって考察に入った頃、一度に「やっと読めた!」「今日はないのかと思った」というつぶやきで僕のTLはあふれかえった。

 いやいや、びっくりした。
 でもさ、平日の夜でこれってまずいよね?
 twitterの新規参入者がどれだけのペースで増えてるかしらないけど、これじゃクリスマスの夜、どうなっちゃうんだろう?

「メリークリスマス!」
「メリクリ~」
「メリクリなう」

 みたいな他愛のない挨拶で溢れかえるはずだよね?
 そしたら、

「梅田のビッグマン下なう」
「ビッグマン向かいなう」
「新宿タイムズクエアなう」
「アルタ前なう」

 
 こういう待ち合わせつぶやきが届かないことになる。
 クリスマスの夜に出会えない難民が街にあふれちゃう。 


 そして大晦日とお正月。
 紅白で誰が出たか誰が歌ってるか、除夜の鐘のカウントや新年のカウントダウンだ。

「5秒前なう」
「3秒前なう」


 で、いよいよ12時を過ぎたら

「あけましておめでとうございます。旧年中はお世話になりました。本年もよろしくお願いします」
「あけましておめでとう!」
「あけおめ~」
「あけおめことよろ!」
「明けましたなう」
「混んでるなう」
「混んでるよ。落ちてる」
「処理落ちなう」


 こうなるに決まってるよ。
 どうしよう?
 昨夜、アスキーの福岡さんと焼き肉食べながら話したんだけど、もうこうなったらトラフィック混雑緩和のため、省略語を今のうちに決めた方がよくない?

 メリークリスマスは「メリクリ」でも長いなぁ。
「メクリ」いや「メリ」でいい。
「メクリなう」とか

 いや、どうせ処理が遅れるんだから「なう」もいらん!
「メリ」だけでいいんじゃない?
「メリ」と言われたら「メ」と返すだけ。

 お正月も全部で3~4文字以内。「なう」使いたいんなら2文字!
「あけなう」とか「あおなう」。
 ここまでやったうえで、それでも処理が落ちたりしたら「おいおい、システムしっかりしろよ」と言ってもいいかもね。
 とりあえずやれることは、各自やろう。

 とりあえず僕のオススメは時差通勤みたいに「時差新年あいさつ」だ(笑)
 4~6時間ぐらいずらした方がいいと思うよ。
 年賀状だって朝届くんだしさ。
 他にいいアイデアがあったら、コメントをよろしく。

 じゃ、そろそろトークイベントで新宿に向かいます。
 今日はここまで。
 また明日ね。

 追記:
 twitter、のっとられてたらしいよ。
  


Posted by 岡田斗司夫 at 16:06