アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 138人

僕たちの「伝説」

2009年12月12日

 昨日の明け方、ようやっと「遺言」の第4章を書き上げた。
 「遺言」というのは筑摩書房から来年出る予定の書下ろし本の題名。
 なんでこんな縁起の悪い題名かというと、もともと2007年~2008年にやった連続トークショー「遺言」が元になってるから。
 一回につき3~4時間語りっぱなしのイベントは、現在の「ひとり夜話」の原型なんだけど、内容は「岡田斗司夫のかかわった映像作品の解説」に徹した内容。
 自分の作品解説なんて恥ずかしいに決まってる。でも僕も最近は記憶力が衰えてきたから、覚えてるうちに誰かに聞いて欲しい。
 そう思ってはじめたイベントだから「遺言」。わかりやすいやね。

 でも話題がどんどん転がって、富野さんのガンダム論とかジブリの鈴木さんは悪人だとか、ヤマトの西崎さんは怪物だとか、そりゃもう楽しい。
 シリーズが終わってから一年以上たったけど、実はそのあいだず~~~っと原稿にしていたんだよね。

 「テープ起こし」という、録音をそのまま文字に起こしたのはあるんだけど、それがもう膨大。単行本一冊では絶対に収まらない文字数なんだよ。
 で、それに僕がこの一年以上、さらに書き加えちゃってる(笑)もうアタマおかしいよね!
 
 全部で6章になる予定だけど、その第4章がやっと昨夜終わった、というわけ。
 でね、作業しながら考えてたんだけど、これは「遺言」じゃないね。
 「伝説」だよ。
 僕はいろんな人の「伝説」を語りたいんだ。

 西崎さんや富野さん、宮崎さんや庵野くんの「裏話」じゃない。
 彼らの「英雄譚」を語りたい。
 僕たちの世代、僕たちの好きな世界にも、ちゃんと英雄たちはいた。
 その業績や試練、栄光や挫折を僕は自分が感じたままに語りたい。
 それらひっくるめて、僕が語っているのは、僕たちの時代の「伝説」だったんだ。 

 だからいま筑摩書房に交渉してるんだ。
 題名を「伝説」にしたいって。

 出版社側はちょっとためらってるみたい。
 「遺言」で企画通しちゃったし、「岡田斗司夫が遺言として語る」という部分にウリを感じてるかもしれない。
 とりあえず、ものすごく分厚い本になることだけは確かだ。
 申し訳ないけど、絶対に2000円は超える。それどころか3000円超えるかもしれない。
 でも、絶対に面白い。
 
 いやいや、こんなところで「まだ書いてる最中の本」を熱く語ってる場合じゃないよね。
 第5章、書かなくちゃ。

 今日はここまで。
 明日は日曜だからお休みします。
 じゃ、また月曜にね。  


Posted by 岡田斗司夫 at 23:09