アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 138人

パソコンゲームの時代

2009年12月08日

 毎週火曜は週刊アスキーの発売日。
 僕が連載中の「ま、金ならあるし」は最終ページなので、コンビニや書店でぜひ一読して欲しいな。
 で、気に入ったらぜひ週刊アスキーお買い上げを!
 特集は役に立つし、『電脳なをさん』は面白いから、お買い得だよ。
 僕も自分が連載する以前から毎週キオスクで買っていたしね。

 というわけで、火曜のブログは「ま、金ならあるし」に書けなかったことの補足情報。
 なんせ1ページ連載だから文字数制限が厳しくて、毎回書き上げてから1/3以上は捨ててるんだよね。

 今週連載分は「ガイナックス、パソコンゲームに参戦する」の第6回。
 『サバッシュ』『ラストハルマゲドン』『犬戦略』(大戦略に非ず)『38万キロの虚空』など懐かしい名前が目白押しだ。
 『ソフトでハードな物語』とか買ったよな~。あと『マンハッタンレクイエム』とかリバーヒルソフトのアドベンチャーゲームは全部買った。当時の給料、半分以上はパソゲーに使ってたんじゃないだろうか?
 
 あと、ログインのイチ押しソフトは絶対に買ったなぁ。『シムシティ』は面白かったけど、『ポピュラス』はけっきょく何が面白いのかよくわかんなかったけど。
 『エアーコンバット』もハマった。操縦桿まで買って、おまけに完全な環境でプレイするためにのX68000本体まで買っちゃったよ。
 これもログインにそそのかされたようなもんだよね(笑)

 『エアーコンバット』って離陸や着陸がめちゃくちゃ地味なゲームでさ、たまに派手な空戦もあるんだけど、会戦地点まで延々と普通に操縦しなきゃいけない。それが下手すると20分ぐらいあるんだよ。
 澤村君(後のガイナ社長。脱税で刑務所入ったナイスガイ)が隣で見ていて、「ゲームって仕事の息抜きでしょ?なんで岡田さん、そんな『仕事』みたいなことやってるの?」と笑ってたよなぁ。
 
 その澤村君だって、趣味といえば「大航海時代の造船技術書(古英文)の翻訳」とか「和船に関する文書の英訳」だから、絶対にお前の趣味の方が仕事だよ!

 というわけで、今週の連載分に関してこぼれ話でした。
 今日はここまで。
 じゃ、また明日ね。

   


Posted by 岡田斗司夫 at 14:29