アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 138人

twitter読書と、マンガ術

2009年12月03日

 またもや今夜も、22時ごろよりtwitterにて公開読書です。
 興味ある方はhttp://twitter.com/ToshioOkadaまで。
 今夜の読書も『フリー』(クリス・アンダーソン NHK出版)をテキストに。2時間をめどに最後までいく予定。

 今日はコアミックス社長の堀江さんと、ちょっと長話をした。
 「なぜマンガが売れないのか?」というあたりからはじまって、その分析や熱意にひたすら話を聞くばかり。
 面白い!
 僕がひとりで聞くだけと言うのはもったいなすぎる!!
 いや、まさかロフトプラスワンでトークするわけにもいかないだろうし、かといって聞き書きで本を書くのは僕に負荷がかかりすぎるし。
 理想的なのは、僕が聞き手で堀江さんが話して、ライターがまとめるという形式かなぁ。

 では読者層は?「教養本」を好むような層は絶滅寸前だからオンライン出版?
 それとも、僕が聞いて堀江さんが話して、テープ起こしをボランティアに依頼してブログにUP?
 ボランティアのメリットは?同席して話が聞ける?
 その場合は「ライター部分をボランティアが担当して、出版の代わりにブログで発信」というモデルになるんだろうね。

 と、いろいろ妄想が走って困ったよ(笑)
 とりあえず「100コマの法則」など僕を驚愕させた脅威の「マンガ編集術」の一部は、次回の「ひとり夜話」で語ってみます。15分~20分ぐらいだから、なんとか告知した内容に押し込めるだろうしね。

 あと今日のトピックとしては、Googleの日本語変換ソフトを入れてみたよ。
 「斗司夫」が変換候補71番目/全80種に入ってて、ちょっとうれしかった。
 「おかだと」までで、ちゃんと「岡田斗司夫」って変換してくれるしね。
 あ~、ちょっとした有名人気分です。えへへ。(笑)

 今日はここまで。
 じゃ、また明日ね。

  


Posted by 岡田斗司夫 at 21:24