アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 138人

twitterと、宇宙戦艦ヤマト復活編

2009年11月12日

 ついにツイッターはじめたよ!
 http://twitter.com/ToshioOkada
 まだ全然、わかんないです。
 
 今日は朝から山寺さんと対談。
 ファミリー劇場「宇宙戦艦ヤマト 復活篇」公開記念特別番組「ぼくらとヤマトの軌跡」
 もう一つ、ヒストリーチャンネルでは「ヤマトと生きた時代」という番組になる予定。
 両方ともオンエアは12月5日あたりらしい。
 
 今回のヤマトは西崎義展さんが監督兼プロデューサー。
 うわさによるとエンド・クレジットには西崎さんの名前がど~ん!どど~ん!!と出てきて、それがどんどん大きくなるらしい(笑) すげぇ。
 
 でも、そういう西崎さんの意地というかこだわりは嫌いじゃない。
 だって、一人の男が人生かけてアニメ作ってるのわかるもん。
 だからケンカになっちゃうこともあるだろうし、何度も裁判してまで復活編を作ったんだからたいしたもんだ。
 
 ヤマトといえば権利関係についてはアレコレあったから、今回の収録でもタブーというか禁止用語が多くて困った。
 「ま」ではじまるマンガ家さんの話題、いっっさいダメとか。
 だから宇宙機関車三並び9とか、某宇宙海賊とかいっさい語れない。
 ヤマトのデザインやキャラの素晴らしさ語るんだったら外せないんだけどなぁ。
 
 肝心の新作、僕は試写見てないから内容トークは山寺さんまかせっきり。そのあたりはさすがの取り回し。ベテラン声優さんはこういう時に頼りになるよね。
 でも、新作内容以外では僕に司会役を振られて困った。だって「ヤマトで語られる『愛』の素晴らしさ」とか言わされるんだよ。カメラ横でカンペに書いてるから言うしかないんだけど、まさかヤマトで愛を言わされるとは・・・とほほだよ。
 
 新作の映像、4分半のダイジェストは見た。CGは素晴らしい。
 スターウォーズ以降のSF映像として恥ずかしくないレベルだね。
 でも正直、キャラは堅くて魅力に乏しい。贅沢言うとキャラデザは貞本義行がいいんじゃないかなぁ。またはいっそのこと島本和彦とか。
 
 あと対談はスタイリストさんがついて、着替えさせられた。だけどこれ、似合ってない気がするよ。
 なんだか「着せられてる感」が満点だよね(笑)
 私服のまま出たかったなぁ。

 
 いろいろあったけど、面白かったよ。
 ヤマト復活編、公開は12月12日(土)。僕も劇場に見に行くので、みんなもぜひ!
 
 今日はここまで。
 じゃ、また明日ね。
 
  


Posted by 岡田斗司夫 at 19:05