アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 138人

手塚治虫文化賞の選考

2009年11月09日

 朝日新聞主催の手塚治虫文化賞の選考用紙が来たよ。

 今年の僕のイチオシは『桶狭間戦記』(宮下英樹)と『バクマン』(大場つぐみ・小畑健)は間違いないとして、さてあと一本はどうしよう?

 『轟拳ヤマト』飯島祐輔)はなんとなく尻すぼみで終わったのが残念だなぁ。
 この飯島さんというマンガ家の持つイメージ力は本当にものすごいのに。
 あれで細密な絵を描くアシスタントが入ればすごい作品が描けるのに、とか僕が悔しがってもしかたないか。

 『機動戦士ガンダムさん』(大和田秀樹)の「伝記マンガ風に描かれた富野由悠季」は面白いけど、手塚賞候補、というわけにはいかないよね(笑)

 今日はここまで。
 また明日ね。

  


Posted by 岡田斗司夫 at 23:14