アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 138人

「ひとりテレビ」公開と、メールの件

2009年11月02日

 岡田斗司夫の「ひとりテレビ」、今週分を公開しました。




 で、おとついから書いてたメールの件、いちおうは決着した。
 
 なんだったのかというと、「ひとり夜話」イベントの内容を書いてくれているブログの作者にお願いメールを出してたんだよね。
 もちろん、公開イベントであるからには内容を書くのは自由だ。それどころかイベント未体験のお客さんにとっては貴重な情報源だし、僕にとっても宣伝してもらってると言える。
 
 でも、「ひとり夜話」イベントの話を全部書かれてしまうのは正直、しんどい。
 というのは、一つの話題に最低でも30分以上かけて、徐々に会場を暖機して、最後に「その結論に行くか~!」と驚かせたいと思っている。そういう話の作りをしているからだ。
 だから、数分~10分ぐらいで読めてしまう内容のダイジェストで最後のオチまでバラされてしまうのは、僕にとってかなり辛いことなのだ。
 いわば、ミステリや手品のネタバレされるようなもの、とでも説明すればいいかな?
 
 でも前述したように、ダメと言える立場じゃないし、僕自身もイベントの記録としてUPされるのをいつも楽しみにしていた。
 
 さんざん迷って土曜にメールしたら、すぐに返事があった。
 
 二方にメールしたんだけど、お二人とも紳士的に対応していただけた。
 該当部分はブログから削除され、いまは読めなくなっている。
 岡田斗司夫本人からメールされたので、必要以上の処置になってるような気がしないでもない。
 僕としては「最後まで書かれるのはしんどい」とお願いしたつもりなので、もうしばらく話し合って、互いの合意を探すつもりだ。
 
 でもねぇ、この件をブログにいま書いてるのは、正直自分でも釈然としないからなんだよね。

 とりあえず、意を酌んでくれたお二人に感謝。
 
 今日はここまで。
 じゃ、また明日ね。
   


Posted by 岡田斗司夫 at 15:21