アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 138人

改変期のバラエティ、面白くないなぁ

2009年10月15日

 コメントの返事は、あらためてまとめます。
 今日はテレビの話。

 テレビは今、しんどそうだね。
 各企業が宣伝費を締めてるから金がない。
 だってテレビで宣伝しても効果は疑問かも、とみんな気づき始めた。
 テレビCMで「続きはネットで」って自殺行為なんだけど、もう戻れないんだろうなぁ。
 
 テレビの受難はまだ続く。
 視聴者に受けようと、とにかく「面白く」「わかりやすく」「お得なグルメや旅情報を」「クイズ番組で楽しく騒がしく」とプライムタイムを一色に染めたら、自民→民主というとんでもなく面白い事態がやってきてしまった。
 
 もうどんなに島田紳助や明石家さんまが叫んでも、民主党の談話、それも党首や首相ではなく大臣や副大臣クラスの発言の方が面白いんだから、バラエティなど見るはずがない。
 
 僕も数ヶ月前からHDレコーダーに録画する番組を極端に減らしたけど、まったく後悔していない。ネットニュースで政治を見てるときが一番面白い。
 
 だからといって、「TVタックル」「朝生」「太田総理」みたいな、これまでの路線の政治評論番組が人気爆発するとも考えられない。
 だって、いま面白いのは原ニュース、すなわち政治そのものだから、取り上げ方で余計な面白みや付加価値をつけてもらう必要がないんだもの。
 
 だから、これまでの「政治番組」にもあんまり期待できない。
 
 金がない。
 人気がない。
 打つ手が思いつかない。
 
 ね、テレビはいま、苦しいでしょ?
 でも、苦しくてもまだ金も人材もネットワークもある。
 苦しいからこそ、そろそろ「次の面白さ」「次の役割」へと切り替える時代が近づいてるんじゃないかな。
 
 とりあえず、今は千葉県知事や大阪府知事という「新時代のタレント」の動きを見守ろう。
 いや、面白い時代になったなぁ。
 
 というわけで、今日はここまで。
 じゃ、また明日ね。  


Posted by 岡田斗司夫 at 07:24

youtube配信しました

2009年10月14日

 「岡田斗司夫の ひとりテレビ」
 とりあえず第1シリーズ最終回として配信したよ。



 今回は撮影準備~アップロード完了まで2時間弱。慣れればたぶん1時間に収まるかな?
 でもブログとの両立は無理だなぁ。  


Posted by 岡田斗司夫 at 12:46

松本人志監督作品『しんぼる』

2009年10月14日

 映画「『しんぼる』を先日、見た。
 『大日本人』はわりと好きだけど、こっちはちょっと残念。

 北野武の『その男、凶暴につき』、『3-4×10月』という初期二作品の関係が、ちょうど『大日本人』『しんぼる』の関係に当てはまるんじゃないかな。
 
 『大日本人』ってすごくバランスいいと思う。
 「描きたいこと」と「作り手の技術」「出演者の演技レベル」のバランスが第一回作品にしては絶妙すぎるぐらい。世間の評価的にはどうか知らないけど、デビュー作としてはできすぎだと思う。
 でも『しんぼる』は、いきなり難しいところを狙いすぎ。あれをちゃんとやろうと思ったら、演技・演出・撮影・CGI・音楽などいまの何倍もレベルアップさせないと意図が伝わらない。
 
 その点、北野武より不利なんだよね。
 北野作品のテーマは「切ない」「危うい」「儚い」だから、技術は途上でも充分に伝わる。高級感も出る。
 でも松本作品のテーマは「笑う」だ。「笑い」ではない。
 北野作品が「人間の本質的な危うさや儚さ」を感じさせてくれるのと同じように、「世界の不条理さ」を提供している。
 その不条理を「笑い飛ばす」ではなく「不条理そのもの」として受け入れた先に「笑いではない何か」があって、それは「不思議と可笑しいけど、笑えるかも」という視点になっている。
 
 視点そのものをテーマにする映画!
 ヨシモト提供で!
 
 ムチャだなぁ、松本人志。
 でも好きだよ。
 『しんぼる』はイマイチだったと思うけど。
   


Posted by 岡田斗司夫 at 10:13

youtube反省会

2009年10月13日

 この三日間の反省会をここでします。
 意見ある方はどうぞ。

 とりあえず、思ったより簡単だけど大変!でした。
 準備や撮影、出演自体はぜんぜん負担にならない。
 セットも本棚の前で撮るだけで、カーテンずらして自然光入れるだけだし、服も普段着でOKだし。
 撮影は、キャスター付きの事務椅子の上に空き箱のせて、その上にMacのノートブック載せて内蔵カメラとマイクで撮ってるだけ。
 事務椅子の肘掛けを持ってパンしたらわりと自然だったし(笑)

 逆に5分程度で話を収める方がたいへん。
 もっと長ければ本やDVDも紹介できるんだけどね。

 しかし、本当に大変なのは、撮影後の加工。
 撮影後、サムネイルの自動製作に数分、撮影素材の切り出し・加工に一時間。
 タイトルやテロップ加工に30分。youtubeへのアップロードに30〜60分。
 わずか6分の映像をUPするのに、2〜3時間かかる。
 アップロードは別に手間かからないけど、ノートパソコンが占領されるし、やっぱり気が逸れるしね。
 もし一時間番組なんか作ったら、編集やテロップ製作で絶対に10時間ぐらいかかると思うよ。
 
 もっと使い勝手のいいソフトを導入するとか、youtubeより楽なUP先を見つけるか。
 いや、でも携帯でも見れる誰でも見れる、という条件では難しいか。
 ここは大先輩・勝間さんがどうやってるのか、徹底的に真似ようかなぁ。

 コメントにもあった顔色は、太陽光が明るすぎたからかなぁ。
 僕は赤緑色盲なので、画像ソフトで色調節はできない。
 あきらめるしかないかな。  


Posted by 岡田斗司夫 at 23:40

マンガ夜話とyoutube

2009年10月13日

 今日もyoutubeで「ひとりテレビ」、更新しました。コメントへの返信もしてます。





 マンガ夜話のオンエアが近づいてきた。第36弾は10月21日(水)~23日(金)の24時40分から。
 
 一日目の『ケロロ軍曹』は6月にすでに収録済みだから問題なし。しかし6月の福岡で「オンエアは10月後半だから秋っぽい衣装でお願いします」といわれたのにはまいったなぁ。けっきょくどんな服着ていったか覚えてないや。
 二日目の『リストランテ・パラディーゾ』も三日目の『もやしもん』も普通に好きなマンガだから今回は気楽だね。
 
 でも、個人的にいま一番語りたいマンガは『センゴク』『センゴク天正記』『センゴク外伝桶狭間戦記』なんだよね。ゲストに本郷和人さんとか呼んで。
 
 『アイゼンファウスト』lもいいんだけど、NHKだから無理だよなぁ。
 なんせ主人公は「史上最も童貞と中二病をこじらせた忍者」(宣伝チラシより)で、内容は「『花の慶次』+『バシリスク』×童貞!!」(オビより)だよ。
 素敵に狂ってるゼ!

 今日はここまで。
 じゃ、また明日ね。  


Posted by 岡田斗司夫 at 15:52

今日のyoutube

2009年10月12日

 入門書を買って読んだら、少しだけiMovieの使い方、わかった気がする。
 とりあえず、ちょっと長い目の動画をUPしてみた。
 昨日のブログコメントへの返事なんだけど、こんなに手間かかるなら書いた方が早いね(笑)

  


Posted by 岡田斗司夫 at 16:21

アニメ監督になりたい

2009年10月12日

 先週の講義で学生から「アニメ監督になりたいけど、どうすれば?」という質問が来た。
 学生の出したレポートにおまけでついていた質問なので、回答にそんなに時間は割けない。かといって5分やそこらで答えられる話じゃない。
 しかたなく、僕の持論である「確率論的アプローチ」で説明をしたんだけど、大学一年生と言えばまだ18~19才なんだよ。もっと平易に、感覚的にわかる話をしなくちゃなぁ。
 
 しかし僕って、話が長いよね(笑)
 朝、早起きしてyoutube用の撮影したんだよ。でも合計で12分もあって、アップロードしようとしたらシステムにダメと言われちゃった。Mac付属ソフトのiMovieはまだ使い方わからなくて撮影素材を分割したり繋いだりができないし。
 けっきょく、今日の映像は「撮影したけど配信できません」ということになりました。
 午後からヨドバシで教科書買ってくるよ。とほほ。
 
 いや待て!そんなことしてる場合じゃない!
 そろそろ金曜の「ひとり夜話」大阪イベントの内容、考えなくちゃ。
 先月の第一回目は、まずフォーマットを決めようと考えて、かなり作り込みをしたけど、今月からは「いま考えてることを話す」に戻したい。
 
 とりあえず会場からリクエストのあった「オススメの本・DVDの紹介」というコーナーも欲しいなぁ。
 
 昨日の日記にも書いた「ガンダムとは何だったのか」は外せないし。自分にとって、日本人にとって、アニメ界にとってガンダムとはいったいどういう存在なのか。これを考えることで、「今の日本」がちょっと見えてくるんじゃないか、と考えてるんだよね。
 あ~自分でもワクワクする。

 もちろん、前回の予告でも話した「10万円分の花火」とか「すごい映画を見つけたよ」とか、気楽で笑えるような話も大好きなんだけど、「ひとり夜話」の真骨頂は長い話だと思う。
 長くてあっちこっちに飛ぶ話が、最後にアレ?とつながっていく感じ。
 論理は面白いなぁ、と思える瞬間だよね。
 
 さて、ようやっと朝日新聞が終わったので、これから週刊アスキーに入ります。
 じゃ、また明日ね。
 





  


Posted by 岡田斗司夫 at 13:15

勝間和代、ガンダムを語る

2009年10月11日

インターネットにつながっていると、私は、まるで機動戦士ガンダムでアムロがモビルスーツを操ってるような気分になります。(略)
「人生のモビルスーツ」を手に入れてください。


 勝間和代の新著『目立つ力』(小学館新書)には、そんなすごい文句のオビが巻いてあった。
 
 彼女の本はいつも面白く、読めば必ず「やる気」が湧いてくるから好きだ。
 著書だけでなく『天才!』のような翻訳書もすごく面白い。僕が以前にこの日記で書いた「一万時間の法則」はマンガ家のすがやみつるさんから教えてもらった話だけど、この本ではっきり証明されていて、僕の中で「使える知識」となった。
 
 『目立つ力』は今の僕にとってはたいへんありがたい本で、ネットで映像を配信する体験など、「やっぱりカツマは凄い」と思わされた。体を張った体験取材に、露悪的なまでの自己言及。
 いやIT版西原理恵子だよ、彼女は。
 
 そんな勝間和代がガンダム?
 うん、たしかに面白い例えだ。共感もできる。
 でも、根っからのガンダムファンである僕には、ちょっと用法に違和感があった。
 
 『機動戦士ガンダム』というのは、一人の引きこもり少年がモビルスーツという力を手に入れ、戦争という状況に放り出される中で「仲間」を手に入れる話だ。
 だから最終回、アムロはガンダムを乗り捨て、振り返りもせずに仲間の元へ飛んでいく。
 つまり「ダメ少年→モビルスーツを手に入れ全能観→立場と責任の自覚→モビルスーツを卒業して青年へ」という成長を描いている。
 ガンダムなんかなくても生きていける人生こそ、富野由悠季が描きたかったアムロの成長なのだ。
 つまり、ガンダムは「成功への回答」ではなく「乗り越えるべき成長の儀式」なんだよね。
 
 だから、新書のオビに「人生のモビルスーツを手に入れよう」と書かれると、なんだかお尻のあたりがムズムズする。

 「いや勝間さん、言いたいことはわかります。
 すごく良い例えだと思います。
 でも、でもガンダムってちょっと違うんです」
 とか言ってしまうんです。
 ごめんなさい。
 
 上に書いた「ガンダムとは何だったのか?」という話は、ちょっと長くなるので今月の「ひとり夜話」イベントでじっくり語ります。 
 





  


Posted by 岡田斗司夫 at 16:01

youtubeで公開しました

2009年10月11日

 8日の日記で、いっぱいコメントをもらったので、勉強している。
 なんとか今日中にUstreamに試験映像をUPしたいなぁ。
 でも英語がなぁ・・・

 Vidnikを使ってyoutubeか、それともニコ動でもかまわないような気がするんだけど、映像配信での「コメントが荒れる」というのが未体験なのでどんなのかわかんない。まぁ何事も経験かもね。

 ・・・と言ってる間に、とりあえず第一回は成功かな?



 ニコニコ生放送のシステムも面白そうだしね。

 それにしても、コメントで教えてもらった「いろんな先輩たちのチャレンジ」、本当に面白いね。
 勝間和代さんの動画配信は群を抜いてレベル(内容と画面クオリティ)が高い。
 古都ひかるさんのは、画面クオリティはたいしたことないけど、内容が・・・、いや、素晴らしいよねぇ(笑)
 アメブロの動画は、言って見てきた限りの印象だけど、ちょっと画面クオリティが無理かなぁ。「ひとりテレビ」ぐらいのレベルなら、これで良しとすべきなのかも。
 
 今日は一日、勉強&朝日新聞の原稿を書きます。
 日本晴れなのにねぇ(笑)

   


Posted by 岡田斗司夫 at 09:37

in 大阪

2009年10月10日

 昨日から大阪。大学の講義、やっぱり楽しいなぁ。
 「カウボーイビバップ」の佐藤大さんから聞いたシナリオライター論など話した。
 今日も朝、一限目から講義。土曜の朝一限なのに、ちゃんと学生のみんなは来てくれる。
 ありがたや。

 「ひとりテレビ」に関して、いろんな情報ありがとうございます。
 とりあえず、かたっぱしから試してみます。
 

   


Posted by 岡田斗司夫 at 07:19

教えて!「ひとりテレビ」構想

2009年10月08日

 「ひとり夜話」イベントも順調な滑り出しなので、そろそろ次のステップを考えようと思います。
 以前からコメントにもあった「ひとりで自宅で、ビデオカメラに向かってしゃべるのを録画して、それをYoutubeなどで配信する」です。
 長い番組は考えてません。ブログというより、映像版Twitterかな?
 1~2分ぐらいの語りを、しょっちゅう配信したいんですよね。
 
 さて、思いついたのはいいけど、どうやったらいいのか皆目見当がつきません。
 誰かこういうことに詳しい人、教えてくれませんか?
 システムとしていま手元にあるのは、初代AirMacです。こいつのカメラやマイク機能を使って、一人語りを録画・配信できないもんでしょうか?
 それとも、全部携帯でできるようなシステム考えた方がいいのかな?

 アドバイスのコメント、お待ちしています。
 あ、僕の知識レベルは「メールは出せるけど、添付ファイルは最近開けるようになった」レベルです。
 ああ、誰か助けて!
  


Posted by 岡田斗司夫 at 17:37

アーカイブ、増えてる!

2009年10月07日

 旧GyaOジョッキーの「ひとり夜話」、いつの間にかアーカイブが増えています。
 いまなら、第1回~第10回までが見れる!

 見た人はぜひ、ユーザーレビューも投稿してくださいね。
 レビュー欄にそれぞれの回の「お品書き」というか、話題のヘッドラインだけでも書いてくれると、次に見る人の参考にもなると思います。

 「ひとり夜話」イベント、まだ東京・大阪両方ともにチケットあります。
 未参加の方はぜひどうぞ!






   


Posted by 岡田斗司夫 at 11:29

怪獣大決戦「カツマ対カヤマ」

2009年10月06日

 AERA最新号「勝間和代×香山リカ対談」がものすごく面白い。
 読んでると、いろいろ考えちゃうし、いくらでも語りたいことが出てくる。
 次回の「ひとり夜話」、話のひとつはこれかなぁ。  


Posted by 岡田斗司夫 at 16:49

まとめコメント

2009年10月06日

 自分で書いた過去の日記にコメントつけるのはなんとなく不自然なので、9月26日~10月5日ぶんまで、まとめてコメントします。
 
 
9月26日
>面白かったです・・・
 イベント主催のお願いは主催者に、が筋ですよ。僕は出演者ですから。
 ノート術は奈良イベントでやるつもりです。
 
>お疲れさまでした・・・
 いや、武道館は最短でも2011年夏以降でしょう(笑)
 
>始めて参加しました・・・
 質疑応答は充分に時間をかければ面白くなるんですよね。たとえば、通常の「ひとり夜話」のマチネー企画として2時間ぐらいあればできるかも知れません。でも、そうなると僕の話を4時間以上聞くことになってしまい、ますます敷居を上げちゃうんじゃないかなぁ。
 
>大阪、参加させて・・・
 僕に言わせれば「オタク」という民族は概念こそあれどその区分は無意味化してるんですよ。区分が無意味になった、というあたりがキモね。明治維新以降は「武士・商人」の区分がどんどん意味を失った、というのと同じですね。「理屈民族」は今や、そしてこれからオタク以上に重要な区分になると思います。
 
>お疲れさまでした・・・
 大阪弁、途中からいつのまにか標準語になってましたね(笑)
 思ったより上手くコントロールできないや。
 
>福岡でもやって・・・
 あなたが主催してくれれば、行きますよ。
 
>イベント行けないと・・・
 来ていただけて幸いです。大阪は11月はお休みする予定です。11月は奈良のイベントにどうぞ。
 

9月28日
>岡田さんの話を聞・・・
 「面白くてためになる」がトークショーの目標です。「大学講義にしては面白すぎる」「トークショーにしてはためになりすぎる」の中間を狙っています。10月、残念です。
 
>岡田さんの、ジャンゴー・・・
 「人間が最も愚かになれるのは、中2男子である」という法則どおりですよね(笑)
 ドームで歌いたいものです。
 
9月29日(火)
>11月8日の奈良の・・・
 奈良のライブは「プロデューサー的な発想法」を中心として、できるだけ「発想法」「考え方」「頭の訓練法」を具体的に話したい、と思っています。ノートの付け方とかね。
 

9月30日
>お風邪ですか?・・・
 東京・大阪とイベントが続いて寝不足になり、さすがにちょっとしんどくなったみたいです。数日間、お腹が痛かったのも辛かったなぁ。今は復調して元気!です。
 
10月1日~
>歌はラムのラブソング・・・
 歌はカラオケの準備が大変なんですよね。内容にシンクロしたのを思いついたら、またやります。
 
>朝は外に出て乾布摩擦・・・
>ジムに時間とお金を・・・
 新型インフルエンザ、身近な人が次々と罹患してどうなる?と思ったけどセーフでした。いや、まだ油断禁物ですよね。健康法は好き嫌いで決めるのがベストだと思います。
 
>仕事の都合がついた・・・
>チケットとれました・・・
>大阪は開始30分過ぎで・・・
 チケット入手、ありがとうございます。お待ちしています。
 
>10分でいいので
 10月イベントではオススメ本・DVDをやってみます。
 
>まず実写版ヤマトについて・・・
 う~ん、来場している5割は関心薄いと思いますよ。前回の入り口調査や質問票を見ても、「ひとり夜話」のお客さんはひとくくりにはできない、と思いました。関心の薄い人でも面白く聞けるように「アニメやマンガの実写化とは?」という一般則に持って行ければいいんだろうなぁ。
 共通言語や「お約束」を作れば楽なんだろうけど、あんまり閉じたイベントにはしたくないし。
 
>やはり「ノート」・・・
 ノート術のリクエスト多いなぁ。僕のノート術は「書いて忘れるため」「人生が楽になるため」のノート術です。いわゆる「願望が叶う」「成功する」という近場の目的地は目指してないんですけど、それでもいいのかな?
 
>日本のアニメーション映画が・・・
 僕にとって大事なのは「僕の幸福」です。次に大事なのは、イベントに来てくれたり本を買ってくれたりする「僕のお客様の幸福」です。申し訳ないですが、同じ日本人であっても関係ない他人様の成功ってあんまり気になりません。もっと自分たちの未来や希望を考えましょうよ。
 
  


Posted by 岡田斗司夫 at 01:59

話題

2009年10月05日

 「ひとり夜話」で取り上げる話題について考え中。
 理想は「その日の午後、思いついたものを夜にしゃべる」とか「準備ゼロで、頭の中にあるものをどんどんしゃべる」なんだけどね。それだとイベントごとのクオリティが安定しないし、僕も不安。
 
 前回の予告で「10万円分のロケット花火」というのがあるけど、ここまで涼しくなっちゃうと花火の話題はどうなんだろう?でも楽しい話なんだけどなぁ。

 「理屈民族」とか、前回大阪で話したのをどんどん敷衍していく、というのもやりたいし。
 あと、前回同様に「ノートの中身を見せてお話」というのは面白いよね。ああいうの、僕しかやらないだろうし。奈良のイベントはかなり「発想法」とかノウハウ中心にまとめようと思ってるんだけど。
 松本人志の「しんぼる」も見たから、その感想というか分析も話したい。

 トークイベントに来るお客さんは、あたりまえだけど一様じゃない。
 ダイエットに興味ある人もいれば、アニメやマンガの裏話にしか興味ない人もいるかもしれない。
 GyaOジョッキーの続きを望んでいる人もいるし、いわゆる「タメになる話」が好きな人も多い。
 「僕が話すのならなんでもいい」と言ってくれる人もいるけど、自分の好きな話以外は困るという人もいるだろう。

 まぁそういうことを考えると、つらつら悩んじゃうわけだよね。
 「『悩み』とは問題が整理されてない状態。整理されると『迷い』になって、単に選択の問題になる」というのが僕の持論。
 いま悩んでる=整理されてないだけなんだよな~
 う~ん。
  


Posted by 岡田斗司夫 at 11:43

10月「ひとり夜話」について

2009年10月01日

 「ひとり夜話」10月イベントの詳細が決まりました。
 10月16日(金)に大阪・難波。
 10月25日(日)に東京・新宿。
 それぞれ、基本的に同内容です。
 前売りは10月3日(土)より発売開始します。
 
 トーク内容「ガンダムの御利益」「須藤君の話」「理屈民族の逆襲」などを予定していますが、未定です。
 質疑応答あり。「歌の時間」もあるかも。
 

●大阪
「岡田斗司夫の ひとり夜話 vol.2」
出演:岡田斗司夫
日時:2009年10月16日(金) 18:30会場/19:00開演
会場:studio ZAZA boxⅠ(中座くいだおれビル4F) 06-6212-3005
   大阪市中央区道頓堀1-7-21
料金:入場料2000円 前売りのみ・自由席 
発売日:チケットぴあ 10月3日(土) Pコード 616-269
主催・問合せ ワイ・シー・トイズ・ラボ 06-6643-7620


●東京
「岡田斗司夫の ひとり夜話2」
出演:岡田斗司夫
日時:2009年10月25日(日) 18:00会場/19:00開演
会場:ロフトプラスワン 03-3205-6864
   新宿区歌舞伎町1-14-7林ビルB2
料金:チャージ¥2000(+飲食代)ローソンチケットで10/3(土)から発売 【Lコード:31481】
前売りチケット、公演内容、道順等に関するお問い合わせはロフトプラスワン03-3205-6864まで営業時間中(18:30~24:00)に。





  


Posted by 岡田斗司夫 at 00:11