アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 138人

『BILLY BAT』は『火の鳥』仮説

2009年10月30日

 先週のマンガ夜話の楽屋で出た話。
 「浦沢直樹がいまモーニングでやってる『BILLY BAT』って、あれ手塚の『火の鳥』だよね?」という話で盛り上がった。
 ネットではすでに指摘してる人、いるのかな?
 さっき検索しても見つからなかったけど、浦沢さんの『PLUTO』を面白がっていた僕たちとしては、きわめて自然な流れだと思ったんだ。

 だって、『MONSTER』は長編サイコミステリ仕立ての『ブラックジャック』でしょ?
 で、『PLUTO』も同じく長編サイコミステリの『鉄腕アトム』。
 そう考えると『火の鳥』を長編サイコミステリに変換したら・・・たしかにこりゃ『BILLY BAT』だよ!(笑)

 浦沢さん、すごいなぁ。
 そんなに手塚治虫が好きなんだよね。
 
 でもそうすると、『20世紀少年』の原作(?)は何なんだろう?
 マンガじゃなくて、スティーブン・キングかな?
 『IT』(細菌兵器で人類がほとんど絶滅したあとに、善と悪との戦いを描く)+『ザ・スタンド』とかね。
 『IT』は「一昔前の少年たちが、ダメ大人になった頃に復活した悪と再び立ち向かう」話だし、
 『ザ・スタンド』は「細菌兵器で人類がほとんど絶滅したあとに、善と悪との戦いを描く」という話なんだ。
 不思議なほど似てるよなぁ。

 今日はここまで。
 じゃあ、また明日ね。

 追伸:メールやコメントで「IT」と「ザ・スタンド」の説明が逆になってるとの指摘を受けて訂正しました。





  


Posted by 岡田斗司夫 at 19:36