アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 138人

エヴァを語るということ

2009年10月26日

 昨日のトークライブ「ひとり夜話」で、劇場版の新エヴァンゲリオンについて「どう思いますか?」という質問があった。
 東京でも大阪でも、どのライブでも必ずエヴァについて「どう思いますか?」と聞かれる。
 聞かれる僕はいつも、不思議に思う。
 
 なんでこの人は、僕のエヴァの感想を聞きたいんだろう?
 
 だってね、好きな作品だったら聞かれなくても語ってるよ。
 昨日はガンダムで2時間半も語ったし。
 「宇宙戦艦ヤマト」でも「母を訪ねて三千里」でも「ムーミン」でも「スターウォーズ」でも語れる。
 作品から受け止めた「何か」がしっかり自分の中にあるから。
 自分だけの言葉でいくらでも語れる。
 作品を見たことない人に「それ、見たい!」と思ってもらえるように、最大の熱量で語れる。
 
 でもね~、エヴァから僕は「何か」を受け取れなかったんだよね。
 だから、エヴァを見てない人に語れるような言葉が出てこない。
 熱量が充分じゃないから、ヌルく語るしかできないんだよね。
 
 いやいや、昔の作品しかダメってわけじゃないんだよ。
 ピクサーの「WALL・E/ウォーリー」とか「カーズ」とか、最近でも僕にとって熱いのはある。「ウォッチメン」とかなんぼでも語れるし。
 「古畑任三郎」「デスノート」ですら語れたのに。
 
 思うに、僕はエヴァのキャラに共感できなかったんだよね。
 たしかに役割や配役は大人だけど、人間的な意味で「大人だな」と思えるキャラがいなかったしね。
 それを描くのが目的の作品じゃないから、ま、無いものねだりなのかも。
 
 でもね、質問した人は少なくともエヴァから「何か」を受け取ったわけでしょ?
 受け取ったから、そんな質問しようと思ったわけだろうし。
 だったら「受け取った」自分が自分の言葉で語ればいいじゃない。
 「なにが面白いのか」「どこが熱く心を撃ったのか」を、誰かの言葉じゃなく自分の言葉だけで語れば?
 エヴァを見たことがない人に「え?なにそれ?見たい!」と思わせるぐらいに語れれば、いまよりずっとエヴァのことわかるよ。
 
 「わかる」っていうことは「人に教えられる」と同義なんだ。
 バイトで家庭教師や塾の先生やったことある人なら、会社で部下や後輩を指導したことのある人なら、僕の言いたいことわかるよね?
 「教えること」によって、実は教える側がもっとも学ぶことが多い。
 
 エヴァについて僕の見解を求めるより、そっちのほうがずっと有益だと思うよ。
 
 今日はここまで。
 じゃ、また明日ね。
  


Posted by 岡田斗司夫 at 19:50

ガンダム語り、終わった~

2009年10月26日

 新宿ロフトプラスワンの「ひとり夜話」、いま終わって帰りました。
 自分へのご褒美として、松屋の牛丼も食べたし悔いはないね。

 いや~、しかし語ったね、ガンダムを2時間以上。
 大阪では80分ぐらいだったから、もう少し短いかなぁと思ってたけど、まさかの延長!
 内容や感想はそのうちいろんな人がブログで感想書くと思うから待っててね。
 コミケに当選したら同人誌化も考えるし。
 いや、あれはもうプリマー新書あたりのほうがいいのかな?
 こんな感じで。



 とりあえず疲れたので、もう寝ます。
 じゃ、また明日ね。
  


Posted by 岡田斗司夫 at 00:45