アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 138人

マンガ夜話「もやしもん」

2009年10月22日

 ゲストの多様さとお喋り好きから考えて、今夜は賑やかになるだろうな。
 今回のセットの見所は、後方のスペース。
 昨夜はテーブルセットとワインだったけど、今夜はあそこに何を置くつもりだろう?

 まさか、醸造タンク?
 本番が楽しみだなぁ。  


Posted by 岡田斗司夫 at 10:21

「リスパラ」反省会

2009年10月22日

 生放送が終わった直後、出演者がその場で反省会(笑)
 僕は皆川さんにフォローできなかったことを詫びたが、いしかわさんが「あれぐらいで映画的というのは無理があるよ」とさらに突っ込む。
 だからテレビ出演はじめて、って言ってるのにムチャだよ!(笑)

 たぶん皆川さんの言いたかった「映画的」というのは、マンガの描写を「漫画的←→映画的」という軸で並べれば、リスパラはかなり「映画的」と区分けできる、という意味だったのかも知れない。
 この場合の「漫画的」というのは、セリフや絵を総動員して見開き内に一望してわかるように描く、という漫画が得意とする手法。
 しかしリスパラは肝心のシーンで「一望してわかる」ではなく「想起させられる感情から読み解く」というモンタージュ的な作りをしている。そのあたりが「映画的」という意味なのかな?

 あと、単行本25ページの一枚絵がすごくJoJoぽいね、と川島くんと盛り上がった、という話をしたら「それを最後の一分で言え!」と大月さんに怒られた。ムチャを言うなよぉ。
 最後の一分でハンディカメラさんを手元まで呼び出して、絵を画面上に見せて、そのうえで「確かに似てるね」で追われるはずないよ(笑)

 あと、オノ・ナツメの描く人物は手のひらが大きい。
 それを指摘すると笹峰愛ちゃんが「全部、女が色気を感じる部分ですよ!」と力説。
「そうか、男にとっての『巨乳マンガ』みたいなもんだね」と言うと全員爆笑して「なぜ、それを本番で言わない!」と責められた。
 いや、だからいま思いついたんだってば!
 それに今回は川島くんと皆川さんを立てる回だろ!(笑) 

 というわけで、収録後の「エンジンかかりっぱなし」の雰囲気だけお伝えします。
 あ~眠い。
 おやすみ。
 ぐ~
  


Posted by 岡田斗司夫 at 02:54