アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 138人

朝日新聞「悩みのるつぼ」

2009年10月18日

 朝日新聞で毎週土曜に載っている「悩みのるつぼ」というコーナーがある。
 読者からの悩みに答えるという企画で、僕も回答者のひとりだ。
 しかし一番面白いのは作家の車谷長吉さん。毎回、「こんなのアリか?」という車谷ワールドに読者を引っ張っていってしまう。

 しかし、先週の車谷さんの回答は、なんかいつもよりキレが悪かった。最後は「人間社会には、楽な道はありません。」といういつもの車谷節で締めるんだけど、いつもは冒頭も展開部ももっと切れ味が良くて面白いのに。
 不思議に思って、質問と回答をよ~く読んで、しばらく考えたら笑ってしまった。
 新聞記事なので引用はできないけど、主旨は以下の通り。

質問:義理の父母がこの10年間、同じ自慢話を何度もする。すごくイヤで耐えられない。
回答:愚痴に比べたら自慢の方がマシじゃないか。自慢がイヤなら相手に言え。それでケンカになったら自分で責任とれ。

 で、なんで車谷さんの回答がキレ悪いかと(僕が)思ったら、わかったよ。
 だって車谷さん自身が「自虐自慢」のタイプの人なんだもん!

 僕は車谷さんの壮絶な人生と、諧謔的な文体に惹かれていつも面白く読んでる。それは言い返せば「車谷長吉の苦労の自慢話&説法」を聞いてるのと同じだ。
 普通の人が話す苦労の自慢は面白くないけど、車谷さんのは面白い。
 彼が超一流の作家だからだ。

 もし僕がこの質問を担当していたら「自慢話」ではなく「同じ話を繰り返される」という部分に回答しようとしていただろう。でも車谷さんは「自慢話」という部分に心が引っかかって回答した。
 きっと無意識のうちに自分と同タイプの人間を責められてるような気がして、思わず最後は「文句があったら言えよ!」って言いたくなったんじゃないかな。

 車谷さんの可愛い面を見れたような気がして、ますます好きになっちゃった。

 今日はここまで。
 また明日ね。  


Posted by 岡田斗司夫 at 11:24