アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 138人

勝間和代、ガンダムを語る

2009年10月11日

インターネットにつながっていると、私は、まるで機動戦士ガンダムでアムロがモビルスーツを操ってるような気分になります。(略)
「人生のモビルスーツ」を手に入れてください。


 勝間和代の新著『目立つ力』(小学館新書)には、そんなすごい文句のオビが巻いてあった。
 
 彼女の本はいつも面白く、読めば必ず「やる気」が湧いてくるから好きだ。
 著書だけでなく『天才!』のような翻訳書もすごく面白い。僕が以前にこの日記で書いた「一万時間の法則」はマンガ家のすがやみつるさんから教えてもらった話だけど、この本ではっきり証明されていて、僕の中で「使える知識」となった。
 
 『目立つ力』は今の僕にとってはたいへんありがたい本で、ネットで映像を配信する体験など、「やっぱりカツマは凄い」と思わされた。体を張った体験取材に、露悪的なまでの自己言及。
 いやIT版西原理恵子だよ、彼女は。
 
 そんな勝間和代がガンダム?
 うん、たしかに面白い例えだ。共感もできる。
 でも、根っからのガンダムファンである僕には、ちょっと用法に違和感があった。
 
 『機動戦士ガンダム』というのは、一人の引きこもり少年がモビルスーツという力を手に入れ、戦争という状況に放り出される中で「仲間」を手に入れる話だ。
 だから最終回、アムロはガンダムを乗り捨て、振り返りもせずに仲間の元へ飛んでいく。
 つまり「ダメ少年→モビルスーツを手に入れ全能観→立場と責任の自覚→モビルスーツを卒業して青年へ」という成長を描いている。
 ガンダムなんかなくても生きていける人生こそ、富野由悠季が描きたかったアムロの成長なのだ。
 つまり、ガンダムは「成功への回答」ではなく「乗り越えるべき成長の儀式」なんだよね。
 
 だから、新書のオビに「人生のモビルスーツを手に入れよう」と書かれると、なんだかお尻のあたりがムズムズする。

 「いや勝間さん、言いたいことはわかります。
 すごく良い例えだと思います。
 でも、でもガンダムってちょっと違うんです」
 とか言ってしまうんです。
 ごめんなさい。
 
 上に書いた「ガンダムとは何だったのか?」という話は、ちょっと長くなるので今月の「ひとり夜話」イベントでじっくり語ります。 
 





  


Posted by 岡田斗司夫 at 16:01

youtubeで公開しました

2009年10月11日

 8日の日記で、いっぱいコメントをもらったので、勉強している。
 なんとか今日中にUstreamに試験映像をUPしたいなぁ。
 でも英語がなぁ・・・

 Vidnikを使ってyoutubeか、それともニコ動でもかまわないような気がするんだけど、映像配信での「コメントが荒れる」というのが未体験なのでどんなのかわかんない。まぁ何事も経験かもね。

 ・・・と言ってる間に、とりあえず第一回は成功かな?



 ニコニコ生放送のシステムも面白そうだしね。

 それにしても、コメントで教えてもらった「いろんな先輩たちのチャレンジ」、本当に面白いね。
 勝間和代さんの動画配信は群を抜いてレベル(内容と画面クオリティ)が高い。
 古都ひかるさんのは、画面クオリティはたいしたことないけど、内容が・・・、いや、素晴らしいよねぇ(笑)
 アメブロの動画は、言って見てきた限りの印象だけど、ちょっと画面クオリティが無理かなぁ。「ひとりテレビ」ぐらいのレベルなら、これで良しとすべきなのかも。
 
 今日は一日、勉強&朝日新聞の原稿を書きます。
 日本晴れなのにねぇ(笑)

   


Posted by 岡田斗司夫 at 09:37