アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 138人

怪獣大決戦「カツマ対カヤマ」

2009年10月06日

 AERA最新号「勝間和代×香山リカ対談」がものすごく面白い。
 読んでると、いろいろ考えちゃうし、いくらでも語りたいことが出てくる。
 次回の「ひとり夜話」、話のひとつはこれかなぁ。  


Posted by 岡田斗司夫 at 16:49

まとめコメント

2009年10月06日

 自分で書いた過去の日記にコメントつけるのはなんとなく不自然なので、9月26日~10月5日ぶんまで、まとめてコメントします。
 
 
9月26日
>面白かったです・・・
 イベント主催のお願いは主催者に、が筋ですよ。僕は出演者ですから。
 ノート術は奈良イベントでやるつもりです。
 
>お疲れさまでした・・・
 いや、武道館は最短でも2011年夏以降でしょう(笑)
 
>始めて参加しました・・・
 質疑応答は充分に時間をかければ面白くなるんですよね。たとえば、通常の「ひとり夜話」のマチネー企画として2時間ぐらいあればできるかも知れません。でも、そうなると僕の話を4時間以上聞くことになってしまい、ますます敷居を上げちゃうんじゃないかなぁ。
 
>大阪、参加させて・・・
 僕に言わせれば「オタク」という民族は概念こそあれどその区分は無意味化してるんですよ。区分が無意味になった、というあたりがキモね。明治維新以降は「武士・商人」の区分がどんどん意味を失った、というのと同じですね。「理屈民族」は今や、そしてこれからオタク以上に重要な区分になると思います。
 
>お疲れさまでした・・・
 大阪弁、途中からいつのまにか標準語になってましたね(笑)
 思ったより上手くコントロールできないや。
 
>福岡でもやって・・・
 あなたが主催してくれれば、行きますよ。
 
>イベント行けないと・・・
 来ていただけて幸いです。大阪は11月はお休みする予定です。11月は奈良のイベントにどうぞ。
 

9月28日
>岡田さんの話を聞・・・
 「面白くてためになる」がトークショーの目標です。「大学講義にしては面白すぎる」「トークショーにしてはためになりすぎる」の中間を狙っています。10月、残念です。
 
>岡田さんの、ジャンゴー・・・
 「人間が最も愚かになれるのは、中2男子である」という法則どおりですよね(笑)
 ドームで歌いたいものです。
 
9月29日(火)
>11月8日の奈良の・・・
 奈良のライブは「プロデューサー的な発想法」を中心として、できるだけ「発想法」「考え方」「頭の訓練法」を具体的に話したい、と思っています。ノートの付け方とかね。
 

9月30日
>お風邪ですか?・・・
 東京・大阪とイベントが続いて寝不足になり、さすがにちょっとしんどくなったみたいです。数日間、お腹が痛かったのも辛かったなぁ。今は復調して元気!です。
 
10月1日~
>歌はラムのラブソング・・・
 歌はカラオケの準備が大変なんですよね。内容にシンクロしたのを思いついたら、またやります。
 
>朝は外に出て乾布摩擦・・・
>ジムに時間とお金を・・・
 新型インフルエンザ、身近な人が次々と罹患してどうなる?と思ったけどセーフでした。いや、まだ油断禁物ですよね。健康法は好き嫌いで決めるのがベストだと思います。
 
>仕事の都合がついた・・・
>チケットとれました・・・
>大阪は開始30分過ぎで・・・
 チケット入手、ありがとうございます。お待ちしています。
 
>10分でいいので
 10月イベントではオススメ本・DVDをやってみます。
 
>まず実写版ヤマトについて・・・
 う~ん、来場している5割は関心薄いと思いますよ。前回の入り口調査や質問票を見ても、「ひとり夜話」のお客さんはひとくくりにはできない、と思いました。関心の薄い人でも面白く聞けるように「アニメやマンガの実写化とは?」という一般則に持って行ければいいんだろうなぁ。
 共通言語や「お約束」を作れば楽なんだろうけど、あんまり閉じたイベントにはしたくないし。
 
>やはり「ノート」・・・
 ノート術のリクエスト多いなぁ。僕のノート術は「書いて忘れるため」「人生が楽になるため」のノート術です。いわゆる「願望が叶う」「成功する」という近場の目的地は目指してないんですけど、それでもいいのかな?
 
>日本のアニメーション映画が・・・
 僕にとって大事なのは「僕の幸福」です。次に大事なのは、イベントに来てくれたり本を買ってくれたりする「僕のお客様の幸福」です。申し訳ないですが、同じ日本人であっても関係ない他人様の成功ってあんまり気になりません。もっと自分たちの未来や希望を考えましょうよ。
 
  


Posted by 岡田斗司夫 at 01:59