アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 138人

話題

2009年10月05日

 「ひとり夜話」で取り上げる話題について考え中。
 理想は「その日の午後、思いついたものを夜にしゃべる」とか「準備ゼロで、頭の中にあるものをどんどんしゃべる」なんだけどね。それだとイベントごとのクオリティが安定しないし、僕も不安。
 
 前回の予告で「10万円分のロケット花火」というのがあるけど、ここまで涼しくなっちゃうと花火の話題はどうなんだろう?でも楽しい話なんだけどなぁ。

 「理屈民族」とか、前回大阪で話したのをどんどん敷衍していく、というのもやりたいし。
 あと、前回同様に「ノートの中身を見せてお話」というのは面白いよね。ああいうの、僕しかやらないだろうし。奈良のイベントはかなり「発想法」とかノウハウ中心にまとめようと思ってるんだけど。
 松本人志の「しんぼる」も見たから、その感想というか分析も話したい。

 トークイベントに来るお客さんは、あたりまえだけど一様じゃない。
 ダイエットに興味ある人もいれば、アニメやマンガの裏話にしか興味ない人もいるかもしれない。
 GyaOジョッキーの続きを望んでいる人もいるし、いわゆる「タメになる話」が好きな人も多い。
 「僕が話すのならなんでもいい」と言ってくれる人もいるけど、自分の好きな話以外は困るという人もいるだろう。

 まぁそういうことを考えると、つらつら悩んじゃうわけだよね。
 「『悩み』とは問題が整理されてない状態。整理されると『迷い』になって、単に選択の問題になる」というのが僕の持論。
 いま悩んでる=整理されてないだけなんだよな~
 う~ん。
  


Posted by 岡田斗司夫 at 11:43