アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 138人

もの書きの悩み

2009年07月02日

 毎日、原稿を書いてて思うんだけどね。
 もっと面白いこと書きたいなぁ、ってすごく思う。
 いや、「面白いこと書きたい」は正確じゃないか。
 
 え~とね、「頭の中で考えていることをテキスト化する技術」は、かなりあると思うんだ。
 コツは「割り切ること」。
 考えてることを正確になんか表現できない。そもそも、僕たちは日本語で「思ってる」わけじゃない。なんかわかんない「思い・想い」がグチャグチャして、それが心の表層で取り扱われるときに、とりあえず日本語に変換して「考える」わけだ。
 だから、誰しも「考えていること=思っていること」じゃないんだよね。
 そこで「割り切る」が必要になってくる。自分が本当に言いたいこと、本当に思ってることを言語化するのはそもそも不可能。
 だから近似値として「とりあえず説明用のサンプル」として、なんでもいいから言葉にしてみる。
 口に出したり画面に書いてみたりして、その時の違和感とかフィット感で、「どの程度、言いたいことに忠実か」を計るしかないんだよね。
 
 このあたりの割り切りは、もう訓練だよ。人に誤解されようと恥を掻こうと、とりあえず発言したり書いたりして、人目にさらす。割り切ることにも慣れるし、「言いたいこと」の精度も徐々にあがってくる。
 
 と、僕はこういう「考えてることをテキスト化する技術」は、そこそこあると自負してるんだ。
 
 でもね~、いま悩んじゃってる「もっと面白いことを書きたい」というのは、それより少しばかり階層が深いんだよね。
 「面白いことを思いつきたい」に近い。
 いや、これが難しくて。

 「自分の中心軸をエキセントリックな方向に振る」というのが、いちばん安易な方法だ。
 もちろんこれ、考えたよ。
 あえて無頼な発言するとか、もっと露悪的になったり、逆に正義感ぶったり、社会の外れものの立場から発言したり。
 そういうやり方は知ってるんだけど、なんかイヤなんだよね(笑)
 あ、このあたりはワガママなんだけど。
 
 いま、準備してるのは「筑摩書店から分厚い本」「文藝春秋から小さい本二冊」の計三冊。それ以外にアスキーから「連載のまとめ」がでないかな~と期待してる。
 で、「その次の本」を空いた時間にゴチャゴチャ考えたりしてるんだけど、そっちはかなり感情的な本にしたいんだ。
 今までの「考えてることを書く」じゃなくて、「感じたことを書く」に近づける感じ?
 まだそのあたりはよくわからないけど、とりあえず、もっと面白く書けるようになりたいなぁ。
 
 あ、愚痴っぽい文章になっちゃった。すまん。
 今日はここまで。
 また明日ね。
  


Posted by 岡田斗司夫 at 23:06