アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 138人

”あかほりさとる”の最高傑作

2009年06月20日

 いや、あかほりさとるがこんなに面白いとは知らなかった。
 
 アフタヌーン新書で発売された『オタク成金』という本、あかほりの著作ではなく天野由貴さんという女性ライターがインタビューをまとめたものらしいけど、これがとてつもなく面白い。
 クリエイターを志すもの、特にマンガやアニメなどオタク系を目指してる人にはぜひ読んで欲しいなぁ。
 いや、彼の言ってることが正しいとか、そういう意味じゃない。そうでなくて「とてつもなく面白い」から。
 ぜひ彼の語り口(ライター・天野さんの技術も含め)は吸収した方がいいと思うよ。
 
 
 正直、これまでの僕にとって”あかほりさとる”という作家は「名前は知ってるけど、それ以外の情報は皆無」といっていいぐらい縁遠い存在だった。彼の小説は読んだことないし、たぶんこれからも読まないと思う。
 でも、そんなことは本書の「面白さ」の前には関係ない。
 
 とにかくここで書かれているあかほりは、徹底的にチャーミングだ。
 「売れたい」「売れないと意味ない」「目立ちたい」
 過剰なまでに露悪的に書かれてるけど、露悪的発言というのは絶対に「真意を理解してくれる奴が世界のどこかにいるはずだ」という読者への信頼感がないとできない。露悪的キャラクターとは、絶対に”甘えっ子”なのだ。
 
 そのあかほりが、口は悪いけど読者に明かす創作技法の数々は、まぁ書店で自分で手にとって見てください。
 実際に創作してる人には食い足りないかもしれないけど、なにせ彼が対象にしてるのは「文字が並んでるのを見るだけで頭が痛くなる人」「40人のクラスで、本を読まない35人」なんだから、これで充分以上だと思う。
 
 繰り返すけど、本書の魅力は”あかほり自身”だ。
 内容にいちいち反発したり検証しては、せっかくの美味しいところを味わえない。
 語り口とスピード感と、合間から見え隠れする彼の「みんなに喜んでもらえないオレなんて、生きてる意味ないよなぁ」という絶望、ここを味わいましょうよ。
 
 相変わらずあかほり作品に興味はないけど、あかほり本人というキャラは面白いなぁ。
 どんどん、この「あかほり+天野」のコンビで新作書いてくれないかな。
 
 というところで、今夜は終わり。
 また明日。
   


Posted by 岡田斗司夫 at 02:38