アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 138人

「悩みのるつぼ」できた~

2009年05月17日

 ようやっと喉も復調して、声が出るようになりました。心配かけてすいません。
 とりあえず遅れに遅れた締め切りを調整中。たった今、朝日新聞の人生相談「悩みのるつぼ」を2回分書き上げた。5月30日(土)と6月27日(土)に掲載予定。
 僕以外の相談者、作家の車谷長吉さんや社会学者の上野千鶴子さんのは読んでるけど、かなり違う答え方でビックリ。先週の上野さんの(パワハラについての相談)や今週の車谷さんの(夫婦円満についての相談)は正直言って「え?これで相談の回答として成立してるの?」と思ってしまった。
 僕はマジメに考えすぎるたちだから、どうしても「相談の回答=困ってる本人に役立つ指針を考える」としか発想できない。役に立つのが無理なら、せいぜいフレームを広げて発想を切り替えるぐらいだ。しかし上野・車谷両氏の回答は、なんというかエッセイやコラムに近く、僕からは絶対に出てこないタイプの文章だった。
 
 ま、人は人。僕は僕。
 僕は僕の回答が一番好きだから、楽しく仕事します。
  


Posted by 岡田斗司夫 at 17:26