アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 138人

声がでません~

2009年05月14日

 リンパ腺が腫れて、もう愉快なぐらい声が出ません。
 仕事中は部屋にこもって原稿書くだけだから喉なんか使わないし、まぁいいや、と思っていたら大間違い。宅急便が来て、インターホンに出るにも声が出ない!食事に行ってオーダーしようとしても声が出ない!いや、それよりなにより店員さんに声がかけられない!いきつけのクリーニング屋さんは、店の奥におばちゃんがいるんだけど、おばちゃんの見てる昼ドラの音に負けている!

 不調なので、気分転換にときどき溜まっていた録画を見ています。
 あ~、やっぱり僕にはダメだわ「真マジンガー」、良い意味で「頭の悪さ」が売りなのはわかるんだけど、セリフの大仰さが鼻につくなぁ。 「なにも考えずにみればいい」という意見もあるけど、なにも考えずに見るほどの品質ではないよね。

 バラエティ番組のS/N比がどんどん悪くなってきているので、お笑いネタ番組だろうとトーク番組だろうと、録画1時間を見るのに正味10分程度しかかからない。S/N比というのはもともと音響用語で、アンプなどに伝わるデータの信号部分(S)と単なるノイズ部分(N)を比率であらわしたもの。当然、S/N比が高い方がノイズが少なくて良質の信号というわけ。
 テレビ番組を見るときも、僕は「広義の意味でのS/N比」が気になってしかたない。つまり「見たい・知りたい情報」に対しての前振りやナレーターのアオリ、リアクション芸人の大げさなビックリ顔を、いまさら見たいとは思わないんだよね。
 番組予算が少なくなってるから、VTR素材を少ない目にしてスタジオトークでできるだけ伸ばしたい、という台所事情はわかるし、だいたい無料で提供されているTV番組にこういうイチャモンは無粋だろうけど、ここまでS/N比が下がっちゃうと「見てる時間」より「早廻しのためにリモコン操作してる時間」のほうが長くなっちゃう。そしたらもう、見れませんよ。「シルシルミシル」や「第二アサ(秘)ジャーナル」はまだ良い映像でるけど、「ざっくりマンデー」とか「ギョーテック」とか、S/N比が低すぎるもんなぁ。

 あと副音声で「静かなナレーション」ってやってもらえないかね?ほら、「ぷっすま」とか異常にテンションの高いナレーション、うっとおしいじゃない?ああいう番組を見てバカになりたい夜もあるわけですよ。でもあのテンションの高い声聞いてると「ああ、脳が破壊される」とイヤになってチャンネル変えちゃう。これ、TV屋さんにとっても潜在層を逃していて損じゃないの?
 だったら、副音声で「なぎすけ、いよいよ本気になった~」か弱い声でいれてくれないかな?

 というわけで、つらつらとテレビの愚痴を書いてみました。
 リンパ腺、早く治したいから、まじめに寝ます。  


Posted by 岡田斗司夫 at 10:39