アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 138人

さて、こっちを本拠としますか

2009年03月31日

 事情があってmixiを退会したため、しばらくはこっちを本拠とします。
 今のところレコーディング・ダイエットのススメはダイエット系の話題中心に限定したブログにするつもりです。
 といっても、近いうちにもう一つブログを立ち上げる予定。いままで作ってきた模型や自分の映像データを見せる場所が欲しいんですよね。
 mixiのアルバム機能みたいな使いやすい写真データの保存や閲覧のあるブログ、誰か知ってる人教えてください。  


Posted by 岡田斗司夫 at 23:08

「ソクラテスの人事」回答編

2009年03月27日


 ひとつ前の「問題編」を見てから、読んでください!!





「サザエさん一家に高級オープンカーを買わせるにはどう営業する?」

A1:正攻法
 家長・波平は、頑固一徹に見えてあんがい世間の流行に弱い。ナカジマ家やイササカ先生や周囲の家に営業をかけて、「最近はみんなオープンカー」と思わせれば、カツオ→サザエ→波平の順に陥落する。(コスト最高)

A2:力業
 波平いきつけの焼鳥屋で「1万人目のお客様ありがとうキャンペーン」として、車体のみを無料でプレゼント。付帯条件として割高の車両保険に契約させ、6~8年がかりで差額分を支払ってもらう。つまり携帯電話ゼロ円とか500円パソコン戦略。(コスト中程度)

A3:裏技
 売値をゼロ円またはマイナスにする(キャッシュバック)にして、あげてしまう。もちろん儲からないが、「日曜のゴールデンタイムに毎週30分、サザエさん一家前に駐車している車を見せることができる。広告効果を換算したら充分以上に利益が出る」と上司を説得する。(コスト最低)



「ジェット機の重さを秤を使わずにどう量る?」

A1:正攻法
 浮力100キログラムのアドバルーンと、浮力1キロのヘリウムバルーンを、ジェット機が浮かび上がるまで取り付ける。浮いたときのバルーン数を数えればよい。(コスト中程度)

A2:力業
 空母に着艦させて、吃水の深さの差から排水量の差を読み取れば計算できる。(コスト最高)

A3:裏技
 航空機メーカーに電話して、機体重量を問い合わせる。終わり。(コスト最低)




「富士山を動かすにはどうしますか?」

A1:正攻法
 富士山の上に1メートル程度の盛り土をすればよい。富士山は「タテ方向に1メートル移動した」ことになる。(コスト最低)
 
A2:力業
 富士山の東側山腹から厚み1メートル分の土砂を人海戦術ですくい取り、西側山腹に盛る。富士山は「ヨコ方向(西)に1メートル移動した」ことになる。10キロ移動させたい場合も、100万人が10年ぐらいかければ可能。(コスト中程度)

A3:裏技
 日本列島は中国大陸からのマントル流と、太平洋側からのマントル流の双方に押されて現在の位置にとどまっている。なので、日本海溝の底である程度規模の爆発を起こせば、流れ込んだ海水によって太平洋側マントルの温度が下降→マントル圧力の低下となって、日本列島全体が東南方向へ押し出される。自動的に富士山も東南方向に移動する。(コスト&リスク最高)





  


Posted by 岡田斗司夫 at 18:20

「ソクラテスの人事」問題編

2009年03月27日

 NHKの新番組「地頭クイズ『ソクラテスの人事』」に出演することになった。
 添付されていた番組企画書にあった問題がかなり面白い。


***************引用開始********************

「サザエさん一家に高級オープンカーを買わせるにはどう営業する?」
「ジェット機の重さを秤を使わずにどう量る?」
「富士山を動かすにはどうしますか?」
 など、人気企業では正解のない数々の難問奇問を出題し、受験者の能力を測ろうとしている。従来の知識重視の試験では、良い人材が採れないという。
 ある人事担当者曰く「知識は古くなるが、知恵は古くならない・・・」。

 世界で人気の先端企業などが実際に面接試験で出題する難問奇問に、スタジオに招かれたCMディレクター、学者、芸人、実業家…様々な分野の才能が挑戦!今、世間で求められているのは学歴でも知識でも技術でもない。ゼロから発想し新たな答にたどり着く「解決力」が試されるというのだが…!?
 なんとも答えようのない、ソクラテス、プラトンも真っ青?の哲学もどきの新趣向の問題の数々に、解答者が徹底的に悩みまくる。世界をうならせる名答に必要なのは、超高IQか?型破りな発想か?それともタレントの機転か? 果たしてどんな答が「正解」なのか?
 スタジオでは、実際に企業の人事担当者が集まり、出演者の合否を直接判断する。今の世の中、企業は何を求めているのか?本当の頭のよさって何なのか?…笑いのうちに時代が垣間見える新感覚トークバラエティー。


***************引用終了********************


 ね、面白そうでしょ?
 もちろん出演OKしたけど、ついでにこの例題への回答を考えてみたよ。
 このまま掲載するのも芸がないので、次の日記「回答編」に僕の答えを書いてみます。
 みなさんも「回答編」を読む前に、自分で答えを考えてみてね。
 ちなみに、僕がこの回答まで行き着いたのは、吉祥寺駅から事務所まで徒歩5分の間。そのままパソコンに向かって10分以内に清書を完了した。
 というわけで、みなさんも15分以内で3つ、考えてみてください。
 回答はこの下のコメント蘭にどうぞ!
 問題も回答も、リンクや引用はご自由に。
  


Posted by 岡田斗司夫 at 17:59

朝日新聞で人生相談に答えます

2009年03月21日

4月より朝日新聞土曜版の人生相談コーナー「悩みのるつぼ」に連載執筆します。
岡田斗司夫の他、3人の作家・評論家がさまざまな「人生の悩み」に答えるコーナーです。
週一回の連載を4人の執筆陣が持ち回りで担当するため、それぞれの担当は月に一回。
岡田斗司夫は記念すべき第1回・4月4日(土)に登場します。なお、第二回は5月2日(土)です。
お楽しみに!

「悩みのるつぼ」
メディア:朝日新聞「青」be10面・下段
掲載日:第1回4月4日(土)、第2回5月2日(土)  


Posted by 岡田斗司夫 at 01:58

手術を受けてきました

2009年03月17日

 昨年8月に視力矯正手術、つまりレーシック手術を受けた。それまで近視と乱視ゴチャゴチャだった視力は一気に1.5まで上昇。もうめちゃくちゃ見えるようになった。
 しかし、困ったこともある。
 現段階でのレーシック手術の宿命らしいんだけど、老眼が急激に進む。老眼の影響がない30代半ばまでならまったく気にしなくても大丈夫だけど、すでに老眼の傾向にあった僕は、手近な本やマンガがメガネなしで読めなくなってしまった。
 視力が1.5なのに老眼、というのはどんな状態かというと、1.2メートル以上離れたモノはものすごくよく見える。でも手の届く範囲のモノはぼんやりして、老眼鏡なしには見えない。
 そんな倒錯した状況にこの半年間いたわけ。

 で、今日の昼、「老眼用のレーシック手術」を受けてきた。利き目でない左目のみ「近くを見るための目」として改造するわけ。
 経過は今のところ順調。手元も見えるようになり、メガネなしで本も読めるし、かなり快適である。
 術後の経過報告はまた今度書きます。
  


Posted by 岡田斗司夫 at 23:08

WATCHMENを読め!

2009年03月16日

 このサイトを見て思い出したんだけど、そういえば手塚賞でも押したし、マンガ夜話でも「絶対にこのマンガ、取り上げるべきだ!」って力説したっけなぁ。でも誰も賛成してくれなかったんだよなぁ。
 正直な話、夏目さんやいしかわさん世代の「漫画マニア」の好みというか高評価な作品は、なんか気持ちはわかるけど乗りきれないときも多い。同年代の大月さんだって少女漫画大好きな人だから、セレクションや好みが年上っぽい。
 マンガ夜話は評論番組じゃなくて「評論風トークバラエティ」だ、というのは何度も繰り返してるから、それはそれでかまわない。だけどたまには「これ読まないでしょう?でもスゲーんだよ!」っていう作品を紹介したいときもあるんだよね。
 そのひとつがWATCHMENだったわけだ。

 今回の帯の話も、もちろん知ってるひとはとっくに知ってる名作なんだから、とにかく一般の人への訴求力だけで考えた。高価な本だしアメコミだし、ほっといたら旧版と同じくあっというまに入手できなくなって「幻の名作」とか言われるに決まってるし。
 もう、なにがなんでも「目立つこと」。
 マニアや漫画好きは、旧版がアマゾンで高価なことも知ってるだろうから、言い方は悪いけどどうでもいい。ダイエットで有名になった知名度だけで僕を知ってる普通の人、つまり間違ってもWATCHMENを手に取ってくれそうにない人たち、NANAとか20世紀少年だけ読んでるような、マスの人たちが「え?これ面白いの?」ってとりあえずチラっと思ってくれればそれでいい、と考えたわけだよね。

 さいわい、予想よりも売れてるらしい。映画と同時期に出せたのがよかったんだろうね。帯の推薦文が役に立ったとは思わないけど、とりあえずひと安心。
 未読の方はぜひ入手をおすすめします。
 たしかに高価な本だけど、値段以上の価値と感動が待ってるんだから。本当に。
  


Posted by 岡田斗司夫 at 00:49