アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 138人

M-1見たよ

2008年12月22日

 今年もM-1見れて良かったなぁ。二〇〇八年を生きてきてよかった!と素直に思えたよ。

 まず決勝戦で言えば、どないすんねんザ・パンチとモンスターエンジン、と思っていたらやっぱりなぁな結果。M-1というのは「緊張してようがアガってすべろうが、ちゃんと結果を出せる漫才師」でないと、かなりきついみたいだなぁ。

 審査員の採点における独特の癖を読むのも楽しい。M-1というのは別に面白い漫才師を決めるのでもなんでもなく、「あらかじめ発表された審査員に高得点を入れさせる」で勝負が決まる。以前は評価が一致していた松本と島田が、今回は配点がずれだした。島田が説明している「好み」ではなく、二人の立ち位置の差だろうと僕は思った。松本はいまだ「お笑い」に立っているけど、島田は立っていない。だから実はすでに漫才を採点する立場にはないと思う。それを言い出したら大竹まことだって疑問だけど、数年前まで見事に息の合った採点をしていた松本・島田だけに、今年はそういう差を感じた。

 ファイナルの三組は、それぞれ一長一短の面白さ。
 純粋な「ザ・漫才師」の継承者、ナイツ。
 「お笑い芸人」としてなにより大切な「愛され度」が高そうなオードリー。
 面白いけどやや線の細いNON STYLE。
 ファイナルを見ていたら、もう誰が優勝してもおかしくないなぁ、と思った。

 ブログを見ていたら、M-1のレベルが下がったという人もいたけど、僕はそう思わなかったなぁ。ファイナル三組ともに、「いつもの自分たちの面白さ」を極限までチューニングしてぶつけてきたし、この数年間でお笑い界が堕落したとも思わないし。メディアで持ち上げられるたびに、逆に意地になって「笑い」を追求してきた芸人たちの、あまり報道されない頑張りが感じられたよ。今年のM-1からは。

 今が第何期のお笑いブームかは知らない。でも今回のM-1は過去最高の盛り上がりだった。「最高の盛り上がり」ということは、「ここから上はない」という意味でもある。お笑いブームはまだ続くかもしれないけど、来年は沈静化の年だと思う。「新しいお笑い文法を生み出すコスト」がそろそろ限界に来ているからだ。
 まぁ、部外者の僕の、こんな予想などどうでもいい。

 今年のM-1はやっぱり面白かった。
 あ~、生きててよかったなぁ!



 




   


Posted by 岡田斗司夫 at 23:25